タグ:日々のできごと ( 260 ) タグの人気記事

今一度確認を!

突然ですが、自分の身内、特に親がどういう契約を交わして生活しているか理解していますか?

しっかりしているから、ネット関連の知識に強いからということで、何も知らなかったり、そういう知識に疎いから、特に何もしてないはず、と放置した状態になっていませんか?

今ちょっとした身内の問題に遭遇しています。

年の割にそういうことに詳しく、いろいろと駆使しているなぁ、と感心していたのですが、どうも必要以上の契約を交わして、使ってもいないのに無駄に料金を払っているような様相を呈しているのです。

そればらば解約しなきゃと思って、ショップに行ってみると、解約するには何万とかかる。

あこぎな商売だなぁと思いました。

支払いが多すぎて払えない状態になっているから、それを解約したいのに、解約金がかからない月というものが限定されている。何年割とかそういうものですね。
それ以外の月だと解約するのにさらに多くのお金がかかる。

自分都合の何ものでもないですからね。

こういうことで困っているお年寄りは多いんじゃないかと思いました。
また、困ってなくても無駄に余計な支払いをしている人も。

ひとりで暮らしていて痴呆が進んでいたら、そのままになっていたりしますからね。

定期的に身内のことを確認することをオススメします。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-12-08 19:30 | 徒然に | Comments(0)

今年最後の、、、

年末になってくるとよく使われるフレーズですね。

「今年最後の、、、」

昨日ありました。

今年最後の阿波おどりの出演。

デイサービスへの慰問でした。

演舞は屋外だったのですが、この時期は陽射しがないと結構冷えますよね。

僕らは踊っているからいいのですが、見ている人たちが寒そうでした。

デイサービスの近くにある運送会社の駐車スペースを使って行ったのですが、そこは広さはありますが、日陰。

昨日は陽射しはしっかりありましたが、そこは日があたらないところでした。
そこに椅子を並べて見てもらうように用意され、何十人という方が見てくれました。

終わった後、「寒かった」の声が。。。

寒邪は足下から入ってきますからね。
1時間近くそういう場で座らせるのは考えないといけないかなと思いました。
デイサービスに来るような方はやはり抵抗力としては強くはないので心配です。

デイサービスとしての行事としてこの時期にやるイベントの一環に組み込まれていますが、何かを変える必要があると思います。

阿波おどりそのものはよろこんでもらえ、そのことはいいことなんですけどね。

そして小学6年生の次男にとっては子ども踊りの最後の日でした。
お腹の中にいるときから阿波おどりに触れてたものとしては、うちの連では第1号。

みんなに育ててもらいました。

来年2月の浅草公会堂の舞台では男の浴衣の衣装を纏います。
痩せ身で小さめの次男。
果たしてどんな姿になるのやら。

そのときは「今年最初の、、、」ということになりますね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-26 20:30 | 徒然に | Comments(0)

運動神経も改善する

今日昼休みに隅田公園近くを歩いていたら、小中学校時代の友達にバッタリ会いました。

彼は長らく地方にいたのですが、久しぶりに実家に戻っていました。

前に会ったのは2002年日韓W杯のとき。
実は当時札幌に住んでいた彼に宿が取れないから泊めてもらったのです。
イングランド対アルゼンチンという屈指の好カード。

これを観に行くのはいいが、宿がなくて、たまたま同窓会の連絡をしていたら
「今札幌にいるから無理だなぁ」
と言われ
「えっ!札幌?じゃあ泊めて!」
ということに(笑)

まぁそれは表題とはまるで違って、彼はかなりの運動音痴でした。
でも大人になってからスノボをはじめ、今はインストラクターの資格も持っています。

前にブログでも書いたかもしれません。

昔からこうだから、と諦めている方。
その気になれば変わります。

よくないのは固定観念。

無理と言われているなら、自分が第1号になったらおもしろい。
そんな気楽な感じで挑戦するのもいいと思います。

昔から硬い。

これも変わります。

要はどれだけそれに打ち込めるか。

言い訳せずにやってみましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-20 20:30 | 徒然に | Comments(0)

祝全国大会金賞!2018

先週の土曜日、第37回全日本小学生バンドフェスティバル全国大会が開催され、次男が所属する小学校が出場しました。

今年6年生の次男は最後の大会です。

場所は大阪城ホール。

僕は残念ながら診療もあり、長男もいるので、見には行けませんでした。

直前の他の団体の関東大会では金賞を取ったものの、全国大会に行ける枠には入れず悔しい思いをし、これからの大会全部金賞を取る、と意気込んでいました。

マーチングとしては最後の大会なのですが、小規模の大会と数人で出場するアンサンブルコンテストがあるので、それを見据えての全部金賞という発言ですね。

結果は翌日の主催者である朝日新聞に掲載されているのですが、見事金賞!
東京版には次男のコメントも載っていて、これで新聞掲載二度目。

たいしたものです。

4月から部長として70人をまとめいろいろ苦労もあったのでしょう。
終わった後はうれしさなのか、安堵感なのか、顔を覆って泣いていたようです。

先日顧問の先生に会ったとき
「名部長ですよ、本当に。」
とおっしゃっていましたが、もちろんそういう姿は家では全く見せないですからね。

みんなそうでしょうが、家での姿と学校での姿って違いますもんね。

うちの子は家の方がストレスだとか言っています(笑)

学校が嫌だっていうよりいいです。

吹奏楽部中心の小学校生活も後4ヶ月。
次には吹奏楽部中心の中学校生活になることがほぼ決まっています。

好きなものに出会えたというのは本当によかったと思います。
どっぷり浸かり充実した日々を過ごしてくれたらと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-19 20:30 | 徒然に | Comments(0)

「間」というもの

「間(ま)」と言われるものがありますね。

様々なシチュエーションで使われ、幅広く表すものですが、どんなものでも大事なのではないかと思います。

他者との「間」。

スポーツにおける動作の「間」。

リズムの「間」。

今日ひとつ気づいたことで呼吸の「間」というものがあります。

吐いて、吸う。この途中に移行する段階がありますよね。
普段何気なくしておりますが、この「間」が少ない人がいることに気づきました。

言われれば、そりゃいるだろ、と思うようなことなのですが、意識していないと見過ごしてしまうことなのではないかと。

深呼吸をしてください、とお願いすると、一生懸命吸って吐いてを行う方がおられるのです。力を抜いてゆったりとしてください、と言ってもあまり変わりません。
口をグッと噤んで、くいしばっている感じなので、ポカンと開けてくださいと言ってもそれができない。

その方は自分で気持ちがコントロールしづらくなってイライラすることも多いです。
齷齪している感じです。

「間」がないんですよね。

それならば「間」を作ってみたらいいんじゃないかと思い、吐いて、吸って、の途中に両方をしない時間を作ることをしてもらいました。

すると、呼吸がゆったりしてきました。

気持ちを意識で変えることは難しいけど、呼吸によって変えられる。

そのようなことを禅のお坊さんである、白隠禅師は言っておられました。

食べるときにも「間」を作ることで食べ過ぎは減ると言われています。

欲望のまま突き進まずに「間」を作る。

大事なことだと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-13 20:30 | 備忘録 | Comments(0)

阿波踊りを人前で踊る。

もう12年以上やっていて、しかも大人になってからやっているものだから、なんの抵抗もありません。

寧ろ見て欲しいと思います。

しかし、子どもたちはそうではありません。

中学2年生と小学6年生。

友達になんて見られたくない。
そんな気持ちを持って、物心ついたときには普通に生活の一部になっていたののを、今はかなりの恥じらいを持ってやっています。

そういう気持ちは非常によくわかります。

僕が子どもだったら、そういう気持ちを持つでしょう。

じゃあ、その意図を汲みこんで友達に遭遇しそうな場所での出演を遠慮させるかというと、そんなことはしません。

自分がその歳の頃して欲しかったことをやってあげることが正しいとは思っていません。

なぜならばそこを乗り越えてほしいから。

恥ずかしさというのは、自意識過剰なところからきていると思います。

自分が大事過ぎる。

他人はそれほど自分のことに関心はありません。

恥ずかしさは自分が決めるだけ。
無駄な羞恥心は早いうちに脱ぎすてることができた方がいいと思っています。

思春期だからって、持たなければいけないものでもない。

慣れって大事かなと思います。
自分もそうだけど、他人も。

阿波踊りを踊っている姿を普通に目にしていたら、当たり前のように扱って冷やかされるネタでもなくなります。

でも根本にはそこまで阿波踊りが好きじゃないからというのがあるのだとも感じています。好きじゃないことをやっている姿はあまり見られたくないですからね。

それでも家族としてやっているのは、阿波踊りの連に所属していることで受けている様々な世代との関わり。これは大事なことだなと思っています。

阿波踊りはそこまで好きじゃなくても、浅草雷連は好き。

そう思っていてくれたらいいかな。

どんな場面も人として成長できる要素がありますね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-11-05 20:30 | 徒然に | Comments(0)

はじめての試み

今日人生ではじめてのことをしました。

それは、、、

父親と2人で酒を飲む!
もとい2人で外食する!

実は酒を酌み交わすどころか、父親と2人きりで外食をした経験がありません。

僕には兄と妹がいますが、母親以外で外食ということもないのです。

子どもの頃、必ず母親が作っていましたから、母親がいないから外食という経験がないし、そもそも家族で外食したという記憶がありません。

仲が悪かったわけじゃないですよ。

でも最後にみんなで旅行したのは僕が小学校2年生のときのスキー。

それ以降父親抜きで旅行ということはありましたが、みんなでというのはないんですよね。

そこで今回誕生日のお祝いをすることで外食して酒を酌み交わすということをしたわけです。祖母が先日亡くなったことも影響して。

なぜ外食しなかったか、改めてわかりました。
結構うるさいんですよ。
好き嫌いも多いし、待つことが嫌い。

こだわりが多いんです。

お酒も家では飲まないし、外でもほとんど飲まない。

わりと具材を調整できるお好み焼き屋さんを選びましたが、鉄板を前にすると熱いのが嫌だと言っていました(^^;;

もはや駄々っ子です。

そんなこんなでも喜んでくれて、楽しいひとときになったようで、僕もとても楽しいときを過ごすことができました。

また試みたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-18 23:45 | 徒然に | Comments(0)

テレビのある料理屋

お店にテレビを入れている料理屋ってありますよね?

みなさんはどう思いますか?
必要ですか?

僕は基本的になくていいと思っています。

基本的にというのは例外もあって、イベント事をみんなで観て楽しむとき。
例えばサッカーW杯のようなときですね。

でも普段は必要ない。

話をするにも気になったりするし、店主のためにあるようなところもあるので、大事なのは何?と思ってしまいます。

接骨院でも置いているところありますね。

前の職場にもありました。
音声は消していましたが。
でも高いところにあって見づらく、身体を悪くさせているだけじゃないかと思っていました(笑)

そんなこともあり、もちろん当院には置いていません。
まぁ料理屋じゃありませんが、、、

先日入って失敗したなと思ったお店で、そこにはテレビがあったので、ここに書いてみました。そう思った要因は他にあるんですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-17 20:30 | 徒然に | Comments(0)

三つ子の魂百まで?

今日は台東区の小学校の6年生が集まって、連合運動会が催されました。

僕が小学生のときにもあったこの連合運動会。

次男がハードル走で出場するので、お昼前に行ってきました。

サッカーのときのチームメイトも多くいるので、それを見るのも楽しみ。

長男より運動能力では劣る次男ですが、柔軟性はトップクラス。
それを考えて自分が勝てそうなハードル走を選んだんでしょうね。
負けず嫌いなところがあります。

次男のことで印象に残っているのは、幼稚園の年少か、年中のとき、運動会のかけっこでフライング気味で飛び出し、後ろの子に押されながら1位でゴールしたことがありました。

自分の方が劣っているなら、どこかで先に行くにはスタートしかないですからね。

今回も本番前の試走からその匂いが感じられます。

本番、あれがデジタルで管理されていたらフライングでしょう(笑)

反応したというより、読みで飛び出していきました。
ハードルワークもスムーズに行っていましたが、同じ学校の仲のいい友達に負けて8人中2位。

結構悔しそうでした。

事前に走ったりという努力は特別しませんが、本番そのときできる最善を尽くすということはしているのだと思います。

輪ゴムを足首から指に引っ掛けて走ると前傾しやすいとか、今朝は何を食べたらいいとか、昨夜は本番に備えて治療してくれとか、練習というよりも他の要素を抜かりなくやっていました。

どんな幼稚園児だったか。
そのときと変わらないものというのは、大いにあると思います。

三つ子の魂百まで

よく言ったものです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

資格の有効期限

鍼灸の資格は一度取得すると更新の必要はありません。

楽ですが、使っていない人は取り消すような措置があったり、研修みたいなものがあってもいいかなと思いますけどね。

何かしら学んでいないと資格を維持できないシステム。

いろいろな流派があり、難しいんでしょうけどね。

アスレチックトレーナーの資格には更新制度があります。
4年間のうちに指定された講習を受けなければなりません。
更新初年度に受けても、最終年度に受けてもいいのですが、毎年都合が悪く次でいいと思っているうちに最終年度になってしまいました。

僕は来年の9月が更新なので、来年の3月までに講習を受けなければならず、場所は大阪、、、

まだ確定していませんが、予定では3月3日。

別の用事で大阪には他の週に行きたいんですけどね。。。

そして更新のためには心肺蘇生法の講習を別に受けていなければなりません。
それが施行されたのが平成28年から。だから前回の更新のときには課せられていなかったのです。

それならばと行けるときに行こうと思い、2年半ほど前にそっちは日赤で受講していたのですが、有効期限というものがあり、期限は取得してから3年。僕にとっては来年。
なんと取得したのが3月2日。。。
講習を受けるときにはもちろん有効期限内のものが必要です。

先走って取ったのが意味のないものになってしまいました。
しかも当時3月の受講までは期限が3年で、4月から5年という中での受講だったことを今回調べていて思い出しました。

まぁ仕方ないので早速日赤の救急法の受講を申し込みました。
後になって受講できなくなっても困りますからね。

更新に気づかず運転免許を失効してしまう人もいます。
みなさんも資格の更新や期限切れに注意してください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-09 20:30 | 徒然に | Comments(0)