タグ:日々のできごと ( 254 ) タグの人気記事

はじめての試み

今日人生ではじめてのことをしました。

それは、、、

父親と2人で酒を飲む!
もとい2人で外食する!

実は酒を酌み交わすどころか、父親と2人きりで外食をした経験がありません。

僕には兄と妹がいますが、母親以外で外食ということもないのです。

子どもの頃、必ず母親が作っていましたから、母親がいないから外食という経験がないし、そもそも家族で外食したという記憶がありません。

仲が悪かったわけじゃないですよ。

でも最後にみんなで旅行したのは僕が小学校2年生のときのスキー。

それ以降父親抜きで旅行ということはありましたが、みんなでというのはないんですよね。

そこで今回誕生日のお祝いをすることで外食して酒を酌み交わすということをしたわけです。祖母が先日亡くなったことも影響して。

なぜ外食しなかったか、改めてわかりました。
結構うるさいんですよ。
好き嫌いも多いし、待つことが嫌い。

こだわりが多いんです。

お酒も家では飲まないし、外でもほとんど飲まない。

わりと具材を調整できるお好み焼き屋さんを選びましたが、鉄板を前にすると熱いのが嫌だと言っていました(^^;;

もはや駄々っ子です。

そんなこんなでも喜んでくれて、楽しいひとときになったようで、僕もとても楽しいときを過ごすことができました。

また試みたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-18 23:45 | 徒然に | Comments(0)

テレビのある料理屋

お店にテレビを入れている料理屋ってありますよね?

みなさんはどう思いますか?
必要ですか?

僕は基本的になくていいと思っています。

基本的にというのは例外もあって、イベント事をみんなで観て楽しむとき。
例えばサッカーW杯のようなときですね。

でも普段は必要ない。

話をするにも気になったりするし、店主のためにあるようなところもあるので、大事なのは何?と思ってしまいます。

接骨院でも置いているところありますね。

前の職場にもありました。
音声は消していましたが。
でも高いところにあって見づらく、身体を悪くさせているだけじゃないかと思っていました(笑)

そんなこともあり、もちろん当院には置いていません。
まぁ料理屋じゃありませんが、、、

先日入って失敗したなと思ったお店で、そこにはテレビがあったので、ここに書いてみました。そう思った要因は他にあるんですけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-17 20:30 | 徒然に | Comments(0)

三つ子の魂百まで?

今日は台東区の小学校の6年生が集まって、連合運動会が催されました。

僕が小学生のときにもあったこの連合運動会。

次男がハードル走で出場するので、お昼前に行ってきました。

サッカーのときのチームメイトも多くいるので、それを見るのも楽しみ。

長男より運動能力では劣る次男ですが、柔軟性はトップクラス。
それを考えて自分が勝てそうなハードル走を選んだんでしょうね。
負けず嫌いなところがあります。

次男のことで印象に残っているのは、幼稚園の年少か、年中のとき、運動会のかけっこでフライング気味で飛び出し、後ろの子に押されながら1位でゴールしたことがありました。

自分の方が劣っているなら、どこかで先に行くにはスタートしかないですからね。

今回も本番前の試走からその匂いが感じられます。

本番、あれがデジタルで管理されていたらフライングでしょう(笑)

反応したというより、読みで飛び出していきました。
ハードルワークもスムーズに行っていましたが、同じ学校の仲のいい友達に負けて8人中2位。

結構悔しそうでした。

事前に走ったりという努力は特別しませんが、本番そのときできる最善を尽くすということはしているのだと思います。

輪ゴムを足首から指に引っ掛けて走ると前傾しやすいとか、今朝は何を食べたらいいとか、昨夜は本番に備えて治療してくれとか、練習というよりも他の要素を抜かりなくやっていました。

どんな幼稚園児だったか。
そのときと変わらないものというのは、大いにあると思います。

三つ子の魂百まで

よく言ったものです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

資格の有効期限

鍼灸の資格は一度取得すると更新の必要はありません。

楽ですが、使っていない人は取り消すような措置があったり、研修みたいなものがあってもいいかなと思いますけどね。

何かしら学んでいないと資格を維持できないシステム。

いろいろな流派があり、難しいんでしょうけどね。

アスレチックトレーナーの資格には更新制度があります。
4年間のうちに指定された講習を受けなければなりません。
更新初年度に受けても、最終年度に受けてもいいのですが、毎年都合が悪く次でいいと思っているうちに最終年度になってしまいました。

僕は来年の9月が更新なので、来年の3月までに講習を受けなければならず、場所は大阪、、、

まだ確定していませんが、予定では3月3日。

別の用事で大阪には他の週に行きたいんですけどね。。。

そして更新のためには心肺蘇生法の講習を別に受けていなければなりません。
それが施行されたのが平成28年から。だから前回の更新のときには課せられていなかったのです。

それならばと行けるときに行こうと思い、2年半ほど前にそっちは日赤で受講していたのですが、有効期限というものがあり、期限は取得してから3年。僕にとっては来年。
なんと取得したのが3月2日。。。
講習を受けるときにはもちろん有効期限内のものが必要です。

先走って取ったのが意味のないものになってしまいました。
しかも当時3月の受講までは期限が3年で、4月から5年という中での受講だったことを今回調べていて思い出しました。

まぁ仕方ないので早速日赤の救急法の受講を申し込みました。
後になって受講できなくなっても困りますからね。

更新に気づかず運転免許を失効してしまう人もいます。
みなさんも資格の更新や期限切れに注意してください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-09 20:30 | 徒然に | Comments(0)

93歳の祖母の旅立ち

昨日10月1日、先日見舞った祖母が旅立ちました。

若い頃卓球の国体選手だった祖母。
スポーツセンターで一緒に卓球をしたのは、もう30年以上前になります。
その頃も「おばあちゃん」という認識でしたが、今考えるとまだ60歳。
おばあちゃんなんていう年齢じゃなかったですね。
敵わなくて当然。

出身が浦和だったので、女学校の頃から浦和はサッカーが盛んだったことを話していました。

僕が中学でバスケをやり、NBAが好きで自宅ではBS放送が映らなかったので、よく祖父母の家に放送を観に行きました。マイケル・ジョーダン全盛期です。

野球も相撲も観ていたし、思えばスポーツ好きな祖母でした。

もっと元気なら曽孫のサッカーの試合も行ったかもしれない。

次男が吹奏楽をはじめたのは、祖母が介護施設に入って数年たってから。
家からはすぐ近くにある小学校。
演奏を生で見ることができたら感動したはず。

思うとしてあげられなかったことが頭に浮かびます。

先日行って会ったのは1年以上ぶり。
入院したというのがその少し前で、たまたま道で伯父に会い、そのことを聞き、数日後に見舞いに行きました。

やっぱり会わせてくれたんだろうなぁと思います。

息苦しそうで辛そうだったから、こっそりと刺さない鍼をしました。
僕の中では生きてもらうためというより、楽になってもらうため。

今までありがとうという思いで鍼をしました。
ちょうど亡くなる1週間前です。

一目会えて、鍼もすることができて、よかったと思います。
最期のお別れはこれから。

終わったらおじいちゃんと向こうで仲良く過ごすことでしょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-02 20:30 | 徒然に | Comments(0)

懐かしい顔

一昨日の土曜日は久しぶりに大学時代のアメリカンフットボール部のメンバーで集まりました。

僕が1年生のときの4年生から僕が4年生のときの1年生まで。

僕より下の代は2人しか来ませんでしたけどね、、、

昔は畏れ多い先輩でも、今は普通に話せたりして、怒られたり、ダメ出しされたりしたことも笑い話になる。

僕はダメ出しされたりはほとんどないのですが、汚点なのが

「体操もういっちょう」

体育会系でよくあるのですが、しっかりできていないともう一度やらされるわけです。
チームによって「アゲイン」って叫ばれるところもありますが、うちのチームは

「もういっちょう」

僕がやったのは、ウォーミングアップでの体操を手を抜いていたからということで「体操もういっちょう」(苦笑)

抜いてないですよ(笑)

まぁそんなこともいいネタです。

集まったのは14人ですが、全員で二次会へ。

うちの部は卒業した翌々年に廃部になっているので、OB戦とかで定期的に集まる機会はありません。

前に集まったのが6年前。

もう少しこれから頻度が増えるかもしれません。

昔の友ももちろんいいけど、昔の先輩も後輩もいい。

そう思えた楽しい会でした。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-10-01 20:30 | 徒然に | Comments(0)

ルールの本質

ルールには根拠というものがあります。

信号が赤のときはは止まる、というのも、それを無視して進めば事故を起こすからですし。だから、本質は事故を起こさないことにあるから、見通しのいい交差点で、車が通らないことが明らかであれば、歩行者がジーッと止まっている必要はないのだろうと思ったりもします。

さて、先日の長男のフットサルの試合であったことなのですが、かなり衝撃を受けました。

日本だけのルールのようですが、シューズの底はゴム色と決まっているのです。
白や黒はダメ。

そういうシューズも売っているんですけどね。

でも、衝撃を受けたのはそこではなくて、色が違う場合、ガムテープを貼って同じ色にすればオーケーということにです!

滑るでしょ!

危ないですよね?

それは何のため?

ガムテープでオーケーなのが統一見解かはわかりませんが、本質は何かということを考えて欲しいと思います。

こういうことって他にもいろいろあるような気がしますからね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-26 20:30 | 徒然に | Comments(0)

生きるということ

昨日93歳の祖母のお見舞いに行ってきました。

つい先日まで介護施設にいたんですけどね。

浮腫があり、呼吸も息苦しい。
管が必要な状態。

同じ病室にいる3人の方も似たような様子。

言い方はよくないかもしれないが、生きているのではなく、生かされている状態。

これが病院のよくある光景だけど、果たしてあるべき状態なのだろうか。

生きるとは。

医療とは。

そんなことを考えさせられます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-25 20:30 | 徒然に | Comments(0)

ゲリラ豪雨

浅草では一昨日、昨日とゲリラ豪雨が続きました。

まぁなかなかの降りで、結構長かったです。

最近は「雨雲レーダー」なるものがあるから便利ですよね。
これから降るとか、もうすぐやむということがわかる。

でもこれに頼るということは、本来備わっている自然の変化を察知する感覚を働かせないことに繋がるわけですよね。

昨日の最後の患者さんが終わったときは、まだゲリラ豪雨の真っ只中。
数十分続いている状況で、雨雲レーダーを見ても、あと一時間は続きそう。

患者さんも意を決して雨の中に飛び込んで行きました。
かなり濡れたでしょうね。

しかし、それから5~10分くらい後、音が静かになり、なんとほぼ止みました(*_*)

本当申し訳ないことをしましたね。
もう少しで止むことを察知できていたら、、、

これを感じられるようになるのは無理かなぁ。
これから降る感じはわかりますけどね。

雨雲レーダーの制度に頑張ってもらうのと、あとはその人の運ということで割り切ってもらいましょうかね(笑)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-19 20:30 | 徒然に | Comments(0)

困難な道を行く

先日次男が誕生日を迎えました。

12歳。
ようやくひと回り。

よくあっという間ということを言いますが、いろいろな時間を過ごしてきて、振り返ればそこにはしっかりと歩んできた歴史があるから、あっという間ということは思ってないし、使いたくないんですよね。

毎年毎年成長してきたなって思います。

これからの1年を聞いたときに、
「たぶんつらいこともあるだろうけど、がんばっていく。」
ということを言っていました。

中学では越境して、今やっている吹奏楽のマーチングで全国レベルの学校に進む予定です。

本人の意志で。

困難な道でも、その先にある喜び、充実感を求めて進んで行く。

この考え好きです。

自らそれを選ぶことに誇らしく思います。

親はそのために支援するだけです。

応援しています。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-09-07 20:30 | 徒然に | Comments(0)