人気ブログランキング |

あれ?もう終わり?

年末が近づいたり年が明けたりすると、話題になることのひとつに「厄年」があります。僕も気がつけばそういう真っ只中にある。


と思っていたのですが、、、


「本厄」だと思っていた今年は実は「後厄」???

もうおしまい?

節分までは前の年に入るわけで、1月生まれの僕はどうやら今年が「後厄」。

なんともうすぐ終わっちゃいます。



この3年何かあったかな〜?



まぁ結局は捉え方で変わると思うんですよね。

何かあったときにそれを「厄」と考えるかどうか。

年齢的にいろいろある年だと思うけど、厄がそうさせるわけではないですからね。


そう思うことで、何か他に原因を委ねることで自分を安心させている面もあるのかもしれませんが、「厄」という邪気を自分の中で作りやすい状態にしていることが「厄」を産むことになるのかなぁと思っています。

気をつけろよ!という戒めでもあるのかも。

でもなぜ女性は1年のブランクだけあけて、短期間に密集しているのだろうか、、、

まぁ気にせず気楽に過ごす方がいいでしょう。

気を楽にする。

気が楽な状態ということはふつうに気があるべき運動をしている状態でしょうね。

とにもかくにももうすぐ「後厄」終了です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
あれ?もう終わり?_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-12-18 20:30 | 徒然に | Comments(0)

初診と向き合う

初診の患者さんは何かの縁があって当院を訪れます。

誰かの紹介。
インターネット。
たまたま通りかかった。
など

当院のコンセプトをわかっている人もいれば、そうでない人もいるわけで、何のために主訴とは関係ないと思われることを細かく聞いたりするのか、なんで痛いところと関係ないところに鍼をするのか。
そういったことをしっかり説明するのは僕の義務であると思ってはいます。
そのことによってよりよい治療ができると。

でも、すでに自分の状態はこうだと決めつけていて、こちらからの意見に耳を貸そうとしないならば、そういう会話が成立しなくもなります。
気の交流が途絶えた状態。

その考え方が今ある病態を作っている。
そう指摘してあげた方がよかったと思うこともあります。

言わなきゃわからないですからね。
鍼して状態が変わることでそういう考えを変えようと思い、失敗したことも。。。

気の交流が途絶えないようにするためにはどう向き合っていくか。
「これじゃあ診ることができないから、お金はいらないのでお引き取りください」ということも考えますけどね。
それじゃあ逃げているなぁ、とか思ったり、紹介してもらった手前悪いなぁ、と思ったり。

僕が人間力を磨かないといけないのは確か。

精進しないと。

大事なのは治すこと。

でもそのためには、、、


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
初診と向き合う_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-12-16 21:00 | 初診 | Comments(0)

気の動き

我々は多くは鍼を体内に刺入しますけど、鍼を近づけるだけで、からだは反応します。

敏感な人は鍼を翳すだけで治療します。

刺す鍼を使わないで、あてるだけということも少なくありません。

とある患者さんの皮膚を少し動かす。
これだけで、身体が楽になったりします。

そういう人がマッサージを受ける。

これは結構危険です。

マッサージそのものが悪いと言っているわけではありませんよ。

鍼も同じですが、マッサージをする人も様々で、ただグイグイ押す人も中にはいることも確かです。

身体は些細な刺激で反応します。

では素人が鍼を翳すだけで効果を出せるか?

出せません。

それは気の動きをわからないから。

鍼でしていることは気の操作です。




当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
気の動き_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-21 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

吐き出す

治療をしてるとき、その人の悩みや、ストレスに感じていること、憤っていることを聞くことがよくあります。

普段溜め込んでいて、発散もできず、吐き出せずに過ごしている方、結構いるんですよね。

その受け皿です(笑)
僕に吐き出しておきながら、いろんな方の愚痴を聞いてばかりで、僕が辛くならないか心配される方もおります。

まるで問題ありません。

結構聞いているようで聞いてない(爆笑)

いや、まぁ聞いてはいるんですけど、どんと受け止めません。
しっかり受け止めると、自分の問題のように処理する必要が出てくると思います。

自分を風通しのいい状態にしておきます。

これは日頃ストレスを溜め込まないように過ごすためにも重要なことかと思います。

吐き出されているのは邪気ですからね。

邪気は受けないようにすることが肝要です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
吐き出す_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-11-20 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

睡眠

食べないで生きているという人はいますが、寝ないで生きているという人は聞いたことがありません。

睡眠は生きていく上で欠かせないものです。

たまに「何時間とったらいいですか?」という質問を受けますが、これには個人差があり明確には答えられません。

3時間くらいで大丈夫な人もいれば、8時間必要な人もいます。
また自覚的には少ない睡眠で大丈夫だと思っていても、身体が悲鳴をあげている場合もあります。

何時間ということは言えないけど、やはりその日のうちに寝た方がいいですね。

身体は夜中は休むようにできています。

そこで休めて養うわけです。
それがないと養えない。
特に陰分、血を消耗します。

それによって様々な弊害が出てきた場合、治療も大事ですが、睡眠の方が大事だということはあります。

しっかり寝なきゃ治らない。

程度にもよりますけどね。
そういう方には言います。
生活を変えないともっと大変なことになりますよ、って。

それからどうするかは本人次第です。

何のために仕事をするのか。

大事なものは何か。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
睡眠_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-10-29 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

陰陽と呼吸

東洋医学には陰陽という概念が根底にあります。

これはあらゆるものを二つに分けるという単純なものではありません。

本来分けられないものを二つに分ける。
陰陽は二元論ではなく、二元的一元論です。

陰が悪くて陽が良いなんていうこともありません。

どちらも大事なものです。

午前と午後で言ったら、午前が陽で、午後が陰ですが、優劣はないですよね。

そして一応時間で間の境界を正午というように区切っていますが、流れにおいては、ブツッと切れるものではありませんよね。繋がっているものです。

呼吸においても陰陽があるわけで、そして境界というものもかなり重要になってきます。

続きは次回。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
陰陽と呼吸_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-10-25 20:30 | 徒然に | Comments(0)

楽しいとき

患者さんにこういう質問をしたりします。

「何をしているときが楽しいですか?」

これを聞いたとき、悩まれる方少なくありません。

以前はこれに「一番」をつけたのですが、よくよく考えると、僕自身一番て言われると答えられない。。。

楽しいことはいっぱいあるけど、優劣がわからないのです。

鍼しているときも楽しいし、阿波おどりしているときも楽しいし、家族と過ごしているときも楽しい。逆に普段過ごしていて、楽しくないときがない。

べつに僕がリア充というわけじゃなく、やはりこれがないと、日々ストレスが溜まると思います。

楽しいことをしてほしい、と思いますが、それよりも、やっていることを楽しんでほしいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
楽しいとき_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-10-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

舌に関わる経絡

舌に関わる経絡はいろいろあると書きましたが以下に挙げておきます。

足太陰脾経の正経、経別。
手少陰心経の絡脈。
足太陽膀胱経の経筋。
足少陰腎経の正経、経別。
手少陽三焦経の経筋。

舌は心に開竅するという言葉があるので、心との関わりは有名なのですが、脾腎という先天後天に関わる臓が正経、経別とかなり密接に関わっていることが興味深いですね。

脾においては病症でもしっかり登場します。

要チェックです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
舌に関わる経絡_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-09-28 20:00 | 東洋医学 | Comments(0)

ホッとする

寒いとき、あったかい部屋に入るとホッとしますね。

暑いとき、涼しい部屋に入ってもホッとします。

両方ともゆるむわけです。

寒くても暑くても身体は緊張状態を作っているということです。

外界に対する肝気の突っ張りです。

だから暑過ぎる状態でずっと過ごしていると、肝気鬱滞結状態になり、肝鬱気滞へとなっていくわけです。

でも涼しいくらいでいいのに、入った途端「寒い!」って思うところありますね。

これも緊張をつくります。

家族それぞれ体感温度は違うでしょうが、家ではほどよい感じにしましょうね。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
ホッとする_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-10 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

「会陰」を意識する

「会陰」というツボがあります。

鍼灸師ならば誰もが知っているけど、まずほとんどの人が治療点として使ったことはないと思います。

もちろん僕もです。

僕は使ったことがある、と言いたいわけではありません。

場所は男性ならば肛門と陰嚢の間。

前陰と後陰の間ということで会陰。

ここは任脈、督脈、衝脈の起点となると、「鍼灸大成」には記してあります。

存在としてはめちゃめちゃ大事なところ。

ここから頭まで軸が通った感じというのがあった方がいいんじゃないか、とふと思いました。

感覚的に僕の中で蔑ろにしていたかもしれません。

何かが変化する予感がします。

もちろんいい方に。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
「会陰」を意識する_f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-12 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)