人気ブログランキング |

「場」を変える

人と人との関わりにおいて、言動から喧嘩をしたり、嫌悪感を抱いたり、逆に好意を感じたり仲良くできたり、というのはあると思います。

言動じゃなく、なんとなく雰囲気がいい、というのもあるでしょう。

「気」ですね。

この雰囲気。

その人が作り出している雰囲気もあるけど、場の雰囲気というのもあると思います。

なんとなくいい気が流れていない。
澱んだ状態になっていたりして、場が人間関係を重苦しくさせるときもあります。

「風水」というのもそういう気の流れを考えたものですよね。

僕は詳しく知りませんが。

家族の関係がうまくいってない。
そういうとき、家の中の「場」を変える方がいいかもしれません。

結構大事です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-04-12 20:30 | 徒然に | Comments(0)

とあるフレンチのお店にランチに行きました。

数年前に一度訪れたことのあるお店。

以前どういう感じだったかということは詳しく覚えていないのですが、今回感じたことは感じなかったと思います。

そのときはいくつかコースがあったのですが、今は一つのみ。

比較的リーズナブルな値段設定なので、提供しやすくするためにはそれは普通のことでしょうね。

席は僕らが入ったことで埋まっているのですが、シェフ1人とホールが1人だけで手際よくまわっています。

前菜、スープ、メイン、パスタ、デザート、コーヒーというのがあまり待たせずに出せるように工夫がなされているのを感じました。

でもですね、何か慌ただしい。

あっという間に食べて、下げて、というペースで食事が進み、作り手と食べる側、また間に入る提供する人との交流が薄いように感じてしまいました。

忙しいのをうまくまわしていて、味もいい。

でもどことなく置き去りにされているようにも感じます。

何もクレームをつけているわけではなくて、僕自身こういうことをしていないかなぁ、と思うわけです。

治すためにいらっしゃるわけで、治さないと意味はないわけですが、そこには大事な気の交流があるわけです。

機械を修理するわけではありません。

時間的にゆとりがない状態でも、心を亡くしてはいけないと思っています。

間が持つ意味というものを学んだ気がします。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-04-03 20:30 | 徒然に | Comments(0)

連鎖反応??

なぜか同じことが続く日ってありません?

偶然道で何年振りかに知り合いに会ったと思ったら、すぐにまた偶然何年振りかに別の人に会ったり。

欧米人に道を聞かれて応えて、またしばらくすると中国人に道を聞かれたり。

そういう気が流れているんでしょうね。
量子論で説明できるような気がします。
詳しくわかりませんが。

昨日は初診の電話がやたらかかってくる日でした。
しかも1時間もない間で。
以前にもあったのですが、気候やバイオリズムも影響しているんでしょうけど、不思議だなぁと思います。

今日は昼休みに浅草寺境内にいたら、写真を撮ってくれと頼まれました。
中国人の家族らしきグループ、しばらくしてイスラム系の女性2人組。

道を聞かれることはよくありますが、スマホで写真を撮ってくれと頼まれたのは、はじめてだと思います。

自撮りをすることが当たり前になってますからねー。

自撮りと言えば、まだ携帯電話にカメラ機能もなかった大学時代、部活の合宿で友達のインスタントカメラで、勝手に別の友達と自撮りして、現像してビックリなんてことをやってたときがありました。

時代は変わりましたね〜。

そんなことで今日は写真を撮るように頼まれる日だと思っていたら、終わり間際に違うラッシュ。

夜に入っていた患者さん3人が続けてキャンセル(^^;;

まぁ忙しい年度末ですからね〜。

そんな日もある。

勉強タイムに使えっていうことでしょう!



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-03-27 20:30 | 徒然に | Comments(0)

自浄作用

風邪をひく。

休まなきゃならない。
からだがしんどくなる。
他の人に迷惑がかかる。

風邪をひくとネガティブなことばかりと思うかもしれません。

でも自然界の様々な現象と同じで、場を整えるために起こしている側面もあるわけです。

熱を出し、からだを休め、しっかりと発汗して治すことで、風邪をひく前よりいい状態のからだになる。

風邪をひくことはからだを治すために必要だったりもするのです。

自浄作用です。

うまく風邪をひく。

僕が言わずともそう考えている患者さんがいらっしゃったので、今回書いてみました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-02-06 20:30 | 徒然に | Comments(0)

背式呼吸?

腹式呼吸に胸式呼吸。

呼吸というとこの二つがすぐにあがると思います。

僕は常日頃呼吸が大事だと患者さんに言いますが、特に腹式呼吸、胸式呼吸と限定して言うことはしません。

どちらに限定せず、身体全部が拡がっていく呼吸。

身体の前側だけじゃなく、後側も拡がっていく。
頭も足も。

足とか言ってしまうと、飛躍し過ぎてしまうので、背中を呼吸によって膨らませるということは施術中にも試みてもらいます。

そのとき肩甲骨辺りを僕が触って、相手がどこを意識すればよいのかわかりやすいようにします。

「できません。」

こういう方は多いですが、当たり前です。
すぐにできるものならば、そこが動かない状態にはなっていません。

でもしばらく続けると動き出してきます。

すると全体が拡がりやすくなる。

気も動きやすくなります。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-11-21 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)

認めると楽になる

ストレスによって膝が痛くなった。

そういう診断をして、そのための鍼をして楽になったけど、ストレスがかかりイライラしてからまた膝が痛くなった。

この方はそれをよく理解していて、しっかりと認めています。

こういう方はよくなりやすいです。

あとは耐性がつく身体になればいい。
ストレスがかかっても、身体に影響しない状態、今まで感じていたストレスをそこまで嫌だと感じないように身体がなればいいわけです。

ストレスによって身体が悪化したりするのに認めない方。

よくなりにくいです。

なぜか。

その時点で気が巡りにくいからです。

ストレスによって悪化しているのに、ああでもないこうでもないと考える。
あれがよくなかったか、これがよくなかったか、と考える。

頑なになる必要はありません。

あれやこれや考えるから身体がもやもやするのです。

認めることで次に進めます。

次に進みましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-10-24 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

呼吸の追求

「生きる」ということは「息る」ということ。

息することなしに生きることは人にはできません。

食べないで、飲まないで、生きることが出来る人はいますが、呼吸なしで生きている人はいません。

一番大事なのは呼吸。

呼吸を極めれば、それだけで身体をよくすることができると本当に思います。

治療したりすることなしに。

極める。

その状態であれば、精神的にも動じない状態でしょうね。

具体的にこんな状態というものがあるわけではありませんが、よりよい呼吸ができるよう追求していこうと思っています。

そういうことができていれば、癌はもちろん病気にならないでしょう。

鍼をすると明らかに呼吸が変わります。

それを自覚する人もいれば、しない人もいます。

変化に気づく。
とても大事なことです。

気づかないから、様々な検査が必要になってくるわけです。

自分で気づく。

「気」の変化を感じるわけです。

呼吸は気を動かすのに、誰でも行いやすく、それでいて深淵だと思います。

常に追求しています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-10-03 20:30 | 徒然に | Comments(0)

心はころころ動かす

定期的に来ている小学3年生の男の子。

気持ちが沈んだ様子で入ってきました。

「どうした?」と聞くと、後から入ってきたお母さんが「ごめんね〜」

子「だから持って帰らなくていいっていったんだよ!」

激しい口調で言い放ち、泣いています。

自由研究で作ったものを、お母さんがよかれと思って持ち帰ろうと自転車に裸のまま載せて運んだら、強風に煽られて落下。粘土で作ったものが壊れてしまったのです。

しきりに謝って一緒に直そうといいますが、子どもは無理だし、元には戻らないと激しく怒っています。

どうしたらいいか悩みますが、僕は凝り固まった気持ちを動かしてあげればいいかなと思いました。

せっかく自分が作ったものが親の過失によって壊れた。
もともと気持ちのコントロールがしづらい子。この世の終わりみたいな精神状態になっているので、悔いてもどうにもならないこと、これからできること、というのが自分の中で自然と理解できればいいわけですよね。

自らベッドに行ったので、そこでいろいろな話をしました。
今回の地震での建物の倒壊や台風での倒壊。
同じものを機械では大量生産できるが手作りでは全く同じものというのはできないこと。できるのは、限りなく同じもの。
作るのは時間もかかり大変だが、壊れるのは一瞬だということ。

全く別のことを話すわけではなく、関連したことでいろいろと話しました。
ベッドのタオルはみんな同じものだよ、とその子が言うから、それは機械で作るからと教え、じゃあこの中で手作りのものは、と聞いてきたので、普段その子にも治療で使っているひとつひとつ手作りの金や銀ステンレスの鍼を見せました。

壊すのは一瞬だけど、大きなビルを壊すとき、ダイナマイトを使ってまわりに影響が出ないようにうまい壊し方というものがあること。
名画を修復したりする修復師という仕事があること。

興味を持ちいろいろと質問もしてきたので、話が広がり、気づけばその子の激しい怒りはどこかにいっていました。

もちろん鍼もしてますけどね(^ ^)

どうどうめぐりのことを話しているより、気持ちがころころ動けば、滞った気持ちは解けていくものです。

終わって落ち着いて作品を見ると、そこまで損傷が大きくないことにも気づきました。

今回のことを落ち着けるために治療にきたわけではありませんが、結果的にその日でよかったです。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-09-08 19:30 | 徒然に | Comments(0)

リラックスするために

リラックスするため、力を抜くため、呼吸が大事であることはこれまで何度も言ってきました。

他のアプローチとして「なるほど!」と思うことを言っておられる方がいました。

それは『ゆるす』こと。

「ゆする」じゃないですよ。
それもリラックスする一つなのですが、僕がなるほどと思ったのは『ゆるす』こと。

誰かに対して憤ったり、自分のしたことをずっと悔いていたりして、他人や自分を許せていないなんてことありませんか?

全然関係ないニュースでの出来事にとても憤る方もいらっしゃいます。

ゆるすということは、余裕がないとできません。
まぁいいかという気持ちだったり、お互い様だなと思えたり。

それが心のゆとりに繋がるわけです。

よく「ゆるせる」人はリラックスできている人であえうことも多いと思います。

体裁を繕うのとは違いますよ。
ことばではそう言っていても、本当にゆるしていなければ一緒です。

なかなか身体が緩まない方、「ゆるす」ことを日頃気をつけてください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-09-04 20:30 | 身体感覚 | Comments(0)

感覚を研ぎ澄ます

僕ら東洋医学的診断で鍼灸をする者は、最終的には手で判断をするわけです。

体表から何を汲み取って、それに対してどうアプローチするか。

「気」を動かすわけですが、意識的にこうしてやろうと無理矢理するわけではありません。鍼をしたら勝手に「気」が動く状態にまで持っていくわけですね。

そこにおいて名人とそうでない人との差が出ます。

相手に直に接するのは「手」ですから、その感覚というのはもちろん大事なのですが、それが遺憾なく発揮されるためには、いろいろなところが通っていないとダメです。

スムーズに流れている状態。
塞がっていない状態。

肩の通りが悪い。
そのことに最近気がつきました。

上背部や胸だと思っていましたが、僕の問題は肩にありました。
肩の通りが良くてくなると、上背部や胸もいい変化をします。

感度が上がるとどうなるか。

今まで見えなかったものが見えてきます。
霊とかじゃないですよ(^^;;

治せなかったものも治せるようになってくる。

知識として勉強すべきことは多いですが、自分のからだを高めていくことも大事です。

体表観察能力が上がれば自分自身がよりいいからだになる。

僕の場合はそう思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2018-08-06 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)