ブレサリアン

道教の世界にある「気を食べて」長寿になるという考え。

長寿という目標をそこまで持っているわけではありませんが、身体に対する追求は止むことがないので、気になるわけです。

一日一食をしていて、それも可能かも、と思っていたら、現実にやっている人がいるんですね。

水も飲まずに日を浴びて呼吸だけでエネルギーを得ている人や、水分と呼吸だけで、出産まで普通に行なっている人、これは知っていたのですが、毎日青汁一杯だけで生きている人。

呼吸によってエネルギーを得ているので、「ブレサリアン」と呼ぶようです。液体だけは摂取する人は「リキッダリアン」。

体型も変わらず健康に過ごしているのを見ると、食事って何だろう?と思わずにはいられません。

食べずに大丈夫な人もいれば、餓死する人もいる。

これはやはり「気」を食べることができているか否かによるものだと思います。

一日一食にしていて、食事以外に「食べたいな」と思うときがあります。
そのとき感じるのは身体がうまく広がっていない状態だということ。
つまりは身体としてうまく呼吸ができていないわけです。
呼吸による気の巡りがうまくいっていないのを、食べて感情を満たすことで巡る状態にしているように感じます。

それがうまくコントロールできると、余計にお腹が空くことはありません。
このまま一日食べなくてもいいかな、と思える感じ。

食べないことが苦行だと、それを続けると痩せて餓死するでしょう。
要はストレスが関わっていると思います。

生物が生きていくのに、どの食べ物を獲得するかというのは重要だと考えられているし、様々な動物は弱肉強食の中で生きています。

その中でそういうことから外れ呼吸だけで生きるというのは、種の存続のためには最高の手段だと思います。

でもそれを乳幼児の頃からやるというのは、気持ちのコントロールとして難しいのかもしれませんし、高等手段だと思います。
そのためには飲食物からエネルギーを得るために胃は必要なのでしょう。

もしかしたら、胃は生きていくための保険のようなものかもしれません。

だから、食べすぎに対応しやすいものではない。

まぁ想像です。

飲まず食わずでいきなり生活しようとは思いませんが、そんなことも視野にいれながら暮らしていこうと思います。

疑問に思ったらまずやってみる。

大事なことです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-19 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

吐く

今日なんとなくいつもより体調がすぐれない人多かったんじゃないでしょうかね?

朝から20℃超えて、ちょっと蒸し暑い感じ。
先週なんて寒い日もあったくらいですからね。

湿気は停滞する感じを起こすし、暑さは上に上がる感じを起こしやすいです。

気の停滞が強い人は食べたものが消化されづらく、なんとなく胸苦しくなり吐気を催したりすることも。

そんな感じで調子悪いという方がいらっしゃいました。

すでに吐いていて、少しスッキリしてよくなっているとのこと。

吐いてスッキリするというのは、身体が弱っていない証拠です。
邪気を排出できてよかったわけです。

吐いたものも未消化物ではないので、胃の腑自体は正常に働いている様子。

気の停滞から上逆している問題を解決できれば落ち着きます。

こういうときどういうものを食べたらいいか気にされてましたが、食べなくたっていいんです。

落ち着けば食べたくなってきます。

2、3日食べなくても問題ありません。
現代は食べ過ぎです。

少し食べない日が続くくらいがちょうどいいかな、っていう心持ちでいるぐらいの方がいいでしょう。

気楽に考えた方がいいです。

まぁ治療してよくなったので、明日には普通に食べてると思いますが。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-17 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

「穀」を食らう者は、知恵があって器用である。
「気」を食らう者は、神明にして長寿である。
何も食らわない者は、不死にして神妙である。

中国の昔の書物にはこんな記載もあります。

「気」を食べる。

興味深いですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-05-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

衣笠祥雄

去る4月23日に、元プロ野球選手である衣笠祥雄さんが亡くなりました。

享年71歳。

僕は西武友の会に小学5年生から中学1年生まで入っていたくらい、子どもの頃は西武ファンだったのですが、それより前、実は帽子を被っていたくらい広島ファンでした。

そして中でも衣笠祥雄選手が一番好きだったことを覚えています。

なぜ好きだったのかは覚えていません。

でも、一番最初に好きになったプロ野球選手だと思います。

子供心に響く何かがあったんでしょうね。
残している記録はもちろん偉大なんですけど、記録以上に姿勢というか存在が印象的です。

衣笠祥雄選手を好きになった子どもの頃の僕、我ながらなかなかいいと思います(^ ^)

ご冥福をお祈りします。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-04-26 20:30 | 徒然に | Comments(0)

口が甘い

以前歯医者に通ったとき、二つ隣の患者さんが、

「先生口が甘く感じるんだけど、何ででしょうか?」

と聞いていました。
先生は
「甘くですか?聞いたことないですね〜」

と答えていましたが、聞きながら、脾胃には絶対問題ある人だろうなぁ、と思っていたところ、その後の衛生士との会話では、柿の種のいろいろなバージョンについて盛り上がっていました。

「この人はそこを変えなきゃだめそうですよ。」
と言いたかったですけどね。。。

東洋医学では口が甘く感じるのを「口甜(こうてん)」とよんでいます。

虚実ともにありますが、いずれにせよ「熱」が関与すると。
消化器系統に大きく関与する「脾の臓」の「熱」

甘いものを食べているという自覚があれば、甘いものの食べすぎかな?と思うのでしょうが、せんべいなどのお菓子は違うと認識している方が多いみたいで、、、

でも、穀物ですし、甘味ですよ。

まぁ甘味の食べすぎでなくても、食べすぎによって内熱が高まり、脾胃において湿がさばけず、湿熱を形成し、穀物の気と結びつき上に上がって「口甜」となることもあるわけです。

年齢関係なく食べすぎている人は多いですね。

気をつけましょう!



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-04-02 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

泰然

「落ち着いていて物事に驚かないさま」

これを『泰然』といいます。

イチロー選手がシアトルマリナーズとの契約が決まり、入団会見において、契約が決まらず様々な球団から声がかかるのを待っているときの心境を問われたときの回答がこれでした。

「泰然とした状態であった。」

プレイヤーとしても人間としてもそうありたいという状態、目指すべき状態であり、そういう自分に出会えたことは非常にうれしかったと述べています。

僕もそういう状態でありたいと思っていますが、そう装っているだけで、そうなってはいないですね(^^;;
単なるポーカーフェイスのような気がします。

今年の年賀状の漢字メッセージでも誰かに書いてます。

「泰然」

そんなイチロー選手に僕だったらあの場でこんな質問をしてみたかったです。

「身体は歳とともに衰えていくと一般的に考えられてる中、イチロー選手は逆に進歩できる部分も多くあると考えていると思います。昨シーズンが終わって今日までの間に新たに獲得できた、進歩できた、発見できたものがあれば教えてください。」

「泰然」という状態の中で、どんな進化を遂げているか。
そこに興味があります。
絶対進化する選手ですからね。
数字では表せないもの。

今シーズンも楽しませてもらいます。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-03-08 20:30 | 徒然に | Comments(0)

自分を見つめ直す

あの人が悪い、あの組織がよくない、おかしい人が多い。

このようにグチとして聞くことが少なくありません。

本当にそうなのでしょうか?

人間完璧ではありませんから、よくないところもあるでしょう。
ブラックと呼ばれる企業もあって、よくない組織もあると思います。

でも自分だって完璧ではありません。

そうさせてる要因は自分にあるかもしれないのです。

人を変えることは相当難しいです。
毎日接している自分の子どもですらそうです。

簡単なのは自分を変えること。

挨拶しているのに無視されたと感じている人。
その挨拶相手に届いていないかもしれません。
無視されたと思ってその人への挨拶をやめる前に、もっと大きな声で、より明るく挨拶をしてみてはどうでしょうか?

自分がしていることは案外自分が思っている通りではなかったりします。
身体を使うことだってそうなのですから、言動だってそうだと思いませんか?

まぁ本当に合わない人もいるとは思いますけどね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-03-07 20:30 | 徒然に | Comments(0)

アサガオ

アサガオは朝に咲きます。

しかし、朝の光がアサガオを咲かせるわけではないようです。

夜の冷気と闇にさらされている時間が必要不可欠だといいます。

光をあてているだけでは咲かない。

本質は見えないところにあったりします。

現象にとらわれない。

大事なことだと思います。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-01-17 20:30 | 徒然に | Comments(0)

氷点下

浅草でも朝氷点下の日が続いています。

そんな状態なのに、家の前に水を撒く人もいて、氷点下に慣れてる寒い地域ではこういうことはないんでしょうね。氷が張って滑って楽しくもあるけど、転ぶ人もいるでしょうからね。

東京で氷点下になる日はあまりないですよね。
こういう日が続いて思うのは、寒さより清々しさともいうべき心地よさを感じること。

寒いときにしっかり寒くなるっていうのは、やはり必要だと思います。
身体が引き締まる。

来週は少しあたたかくなるようですが、まだまだ氷点下を求めたいですね。

本当の寒さはこれから。
あたたかさで弛まずしっかりと引き締めていきたいと思います。

かためるわけじゃないですよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-01-13 19:30 | 徒然に | Comments(0)

他人の気を受ける

「治療をしていて悪い気をもらっちゃったりしないんですか?」

この質問たまにあります。

正直僕はありません。
皆無です(笑)

でもいることも事実です。

そういう方は治療の場面じゃなくても、他人の気を受けます。

だから、治療を生業としていない人も、普段の生活で他人の気を受けて体調を崩していることはあるのです。

だからって悪い気を出している人が悪いわけではありません。

悪いのは自分です。

悪い気を出しているという人だって出したくて出してるわけではありません。たいがいは。

流さない人が受けてしまう。

ストレスだってそうです。
うまく流せればいいのです。

流すにはどうしたらいいか。

これもよく聞かれます。

聞く時点でちょっと違うんですけどね。
考えても考え過ぎない。
反芻しないこと。

まぁいいか。

この気持ちわりと必要だと思いますよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-01-12 23:30 | 徒然に | Comments(0)