今日の昼休み自宅に戻ったときに、ふとテレビをつけると、ただいまピークを迎えている花粉症についてやっておりました。

街角でのインタビューや、専門家のコメント、スタジオにいる花粉症症状のある出演者のコメント、対策について。

今現在、世間では花粉症はどのような捉え方をされているのか、知り得ることにもなりますからね。少し見ていました。

見ていてやはりというか、変わらないと思うのは、外的要因である「花粉」をどのように対処するか、どういう状態だと、「花粉」がより飛ぶかということ、つまりウイルスのときと同様の水際対策に終始していて、肝心なところが抜けているんですよね。

大事なことは、そんなところではありません。

「自分をどうするか」

これが最もしなければならないことです。

空気清浄機をどこに置くか、服についた花粉をどこで落とすかなんて二の次です。

ストレスで食べ過ぎて太ったら、ストレスに対する対処をどうするか、運動するか、また食べ物や食べ方を考えますよね。

ストレスのもとである職場環境の改善を考えるのは、できればいいですが、できることではないことが多いです。

花粉は一つの要因ではありますが、一概に量に症状が左右されるわけではありません。

なる人、ならない人がいる。
それは身体の状況によって違うわけですから、ならない身体にすればいいわけです。

花粉症デビューとか言ったところで何の解決もなりません。
薬を飲んでも効かないといって、自分自身には目を向けない人がほとんどです。

自分自身に目を向ける、そしてそれを改善するために鍼をする。
だから鍼で花粉症もよくなるのです。

ウイルス対策だって同じですよ。
自分をいかにいい状態にするか。

それをせずに余計なことをし過ぎです!
なんで花粉症で病院に行こうと思うのだろう?



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2016-03-08 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

風邪?花粉症?

気温が上がってきてますね。つまりは風向きも変わってきてます。

今週から酷くなっている人も多いのではないでしょうか。

「花粉症」

中にはそれっぽい症状をみせていても、そうじゃないと言い張る人もいますよね。
認めたら終わりみたいな。

別に終わりゃしませんよ(^ ^)

また、風邪だか花粉症だかわからない、という人もいます。

これ実は本質をついているところでもあります。

というのは、風邪をきっかけに突入することも多いからです。
寒暖の差が激しい時期ですからね。
軽い風邪を引いていたりもします。

それが引き金になって、肺気不宣という、肺の機能(降ろす、ひろげてめぐらす)がうまく働かない状態になり、花粉症の症状を引き起こしやすい素地を作るわけです。

ですから、花粉症が風邪の引きはじめということとイコールの場合もあるわけで、それは毎年花粉症になる人も同じです。

じゃあどうするの?
ってなると、鍼すればいいじゃん!ということです。

花粉症の薬を飲むか、風邪薬を飲むか悩むことが無意味なことだと僕としては思います。まぁ病院の方が安いですけどね。

そこは僕の力ではどうにもならないので、薬ではなく鍼で、自然治癒力を活かして治そうと思っている人を治すだけです。

あっ、それから昨日のギックリ腰の友達、かなり緩解し、寝起きのスピードが速くなったけど、歩いてくることはできずに再度往診しました。

週明けは大丈夫でしょう!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2016-03-05 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

春の陽気

昼休みに朝からサッカーをしている次男を迎えに行った帰り、汐入公園のこの建物に入ったことがないということで、寄ることに。
f0356588_16224547.jpg

そばで寝っ転がると、ぽかぽかしていい気持ちです。

これが春のよさですね。

花粉症があって春によさを感じられない方。
どうぞ鍼をしにいらしてください。

改善できますよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2016-02-13 19:30 | 徒然に | Comments(0)

そろそろですよ

1月も残すところあと1日。

2月に入ると、すぐに立春を迎えることになります。

最近冷え込む日が多くなったと思ったら、もう春?
でも2月もまだ寒いじゃん!

と言われると思いますし、実際そうなんですが、確実に春の気は訪れてくるのです。

このように寒くなる前にすでに訴えている人もいましたが、花粉症の症状が出始めてくるのが、だいたい立春くらいから。

春の上に上がる気とともに、体内の邪気も上に上がり、眼のかゆみ、くしゃみ、鼻水などが出てくるのです。

今年は花粉が多いとか、少ないとか、それは自分ではどうしようもできないことなので、自分の身体を変えていった方がいいですね。

花粉症、本当に鍼は効果的ですよ。

本格的にはじまる前に治療した方がなお効果的です。
それが予防ですから。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2016-01-30 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

花粉症に鍼

立春を過ぎるとちらほら聞こえてきます。

「もう花粉とんでるよね?」

ここからゴールデンウイークくらい、いわば立夏まで続く方多いですね。

また、この時季はでないけれど、ゴールデンウイークあたりから出はじめる方、また夏をすぎて秋に出る方もいます。

一般的には前者をスギ花粉によるもの、後者は松など、また秋の花粉症はアメリカブタクサによるものと考えられるようですが、東洋医学ではそればかりとは考えません。

春は五行でいうと、「木」の気が強く働く季節です。
植物が芽吹き、上へ上へと伸びていくそんな季節。
人体もその影響をもちろん受けるので、それが過剰に作用すると花粉症の様々な症状が出るわけです。

夏は五行でいうと、「火」の気が強く働く季節。
火が炎上するように、身体も上部の熱が盛んになります。
それが過剰に作用すると、初夏に花粉症が出てきます。

季節の影響を受けるのはもちろんなのですが、それが病的に働くには何が影響しているのか。

次回はそれについて書きたいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2015-02-12 20:30 | いわゆる… | Comments(0)