人気ブログランキング |

タグ:診る ( 256 ) タグの人気記事

短絡的に考えず

膝が痛いと言って来院してきた初診の方。

山登りを本格的にやる方で、登山中に痛くなったとのこと。

ここ数年毎年。

本格的にするようになってから。

泊まりで行く荷物などが重い時期に痛くなる。

明らかにそれが原因と思われますが、それを鵜呑みにせず、裏付けをとり、七情の問題なども聞いていきます。

デスクワークをやっていて、もともと運動はしていない方。

緊張強いにより、股関節が広がりづらい。

肝経の緊張。

こういう方に負荷をかけると、膝に問題は生じやすい。

単なる使い過ぎで済ましてはよくないですね。

いっぱい使ったって痛まない人は痛まない。

その人はなぜ痛くなったのか。

そこをしっかり考えます。

短絡的に考えず。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-24 19:30 | 初診 | Comments(0)

大概において我々が鍼治療をするとき、患者さんにはベッドに横になってもらっています。

なぜかというと、それが患者さんにおいてもリラックスしやすいし、我々も診やすいからです。

負担がかからないというのはまず第一にありますからね。

でもそれとともに、より治るための状態か、鍼が効きやすい状態か、ということも考慮する必要があると思います。

立った方が効くのならばそうした方がいいですよね。

またこうも思います。

寝ている状態だといいのに、座っていると調子が悪い。
それならば、座っている状態でよくないもととなっているところが改善される鍼をすれば治りやすいんじゃないかと。

もちろん寝かせていて、なんでも治すことができればいいと思いますが、やはりよくなっても、ものによっては、しばらくすると元に戻ってしまうということもあるのです。

座っていると、立っていると気の不通や不営を起こしたりするもの。

ある種のものは、それぞれの姿位での呼吸の違いに意識を置くことでわかるようになってきました。

寝ていてできることが、座っているとできない。

それを座っているときに自覚できれば普段から改善することができますよね。

わかることは変わること。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-08-05 20:30 | 備忘録 | Comments(0)

ひとつの治療で、、、

何度か触れていると思いますが、東洋医学の考え方に、「異病同治」「同病異治」というものがあります。

異なる病であっても、もととなっている原因が同じであれば、同じ治療。同じ病気であっても、原因が異なれば違う治療をするということです。

ですから、ある人が、あれもこれもいろいろ困っている症状があるといっても、ひとつの治療で二つ三つ、四つといろいろ症状がよくなるなんてことはよくあります。

右肩が痛いと言って来院した患者さん。

思いっきり手をついたことがきっかけだけど、日に日に肩が痛くなって困るということでした。

他にも症状はあって下痢もしょっちゅうだから、これもなんとかしたいと。

でもとにかく肩。

先に良くなったのは下痢でした(^^;;

そういうことあります。

程度は下痢の方が軽いんです。
臓腑ですけどね。

日頃の負担の掛け方の問題として。

肩も改善していますけどね。
順序があります。

痛みだけとってくれ!

患者さんはそう言いますけどね。

そんな単純なものではありません。

治すんです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-31 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

痛い=整形外科?

「肩が突然痛くなったので、整形外科に行ったら骨には異常ないって言われ、炎症を起こしているから湿布を貼っておいてと言われました。」

こういう方珍しくはないのですが、これがスタンダードなのでしょうかね?

「突然痛くなった」理由が、何かしらの外力がかかったということならば、骨に異常はないか、と不安になっておかしくはないと思うのですが、ふつうに過ごしていて、急に痛くなった場合、いきなり骨に問題が生じたとは考えにくいですよね?

接骨院では超音波で診たりするところがあり、これは軟部組織までしっかり診れるので、有意性は非常にあると思います。

よく接骨院は東洋医学のひとつに考えられていますが、診断する上で用いている医学は西洋医学です。医者ではありませんがね。

僕は何も西洋医学を否定しているわけではなく、意味のない診断をしてさもしっかりしているかのように振る舞っていることに疑問を感じているだけです。

レントゲンを撮って、炎症があるって、そんなことわかりませんよ。

「痛い=炎症」という式を提示しているだけですからね。

今日右膝が痛くて歩けない3歳の女の子を診ました。

ひと月半くらいあいていますが、普段診ている子です。

最近のストレスが影響している様子。
しかもトイレトレーニングのストレスもあり。

停滞している流れを整えて、あとはオシッコやウンチがスッキリ出れば自然と治っていくという状態だと判断しました。

朝治療して園に行ったけど、痛くて泣いていると連絡があり、家に引き取ったとのことでしたが、しばらくしてウンチが2回出て、つけなかった足がつけるようになりました。

でも引き取ったときに園から言われたのは、整形外科でレントゲンを撮ってもらってください、とのこと。。。

必要ですか?
3歳に!

骨肉腫とかを疑うのかな?

でも安静時に痛みはないし。

連れて行かなきゃ虐待とか言われたりもするみたいで。。。

もうだいぶ良くなったから、多分行っていないとは思うんですけどね。

整形外科が適応しない痛みって結構あるんですよ。

鍼でいっぱい治してもっと知ってもらわないとですね。

レントゲンだって身体に良くはないですからね。

痛い=整形外科という短絡的な考えに「待った」をかけたい。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-16 20:30 | 徒然に | Comments(0)

信じるとともに疑う

先日の「経穴解説」の講義のときに

「やった鍼が効かなかったら、それは自分のなにかが間違っていると思ってください」

ということを言いました。

弁証したことが間違っていたか、選穴が間違っていたか、刺鍼が正確に行われなかったか。

「経穴解説」にこういう効果があると書いてあったけど、それが違っているという考えではよくない、ということなのですが、捉え方によっては、盲目的に書かれてあることを信じろ、ということに受け取られかねない、と思いました。

本を書かれた、師匠である蓮風先生の言っていることは、臨床における真実で、それは疑いのないことなのですが、本当にそうなのか、という視点は大事です。

そして蓮風先生自身も、常に疑え、というようなことをおっしゃいます。

これは陰陽ですね。

片方のみ、という考え方ではよくない。
逆の視点、違う視点もあるし、違う捉え方もあるわけです。

ただ本に書いてあるから、という視点だけでは脆弱です。

より理解を深めるために一歩進めて勉強する。

疑うことは学ぶ動機付けの活力になります。

信じるとともに疑う。

大事なことだと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-07-01 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

答えは身体が知っている

ある特定の日から調子が悪くなった。

そういうことはよくあると思います。

でも何か特別思い当たる節がない。

治療する側からすると、そう言われることもよくあります。

いいろいろな角度から尋ねると、原因に辿り着くこともありますが、イマイチ不明確なこともあります。

問診をして核心に迫ることも大事ですが、問診では出づらいこともあります。

そんなときは、身体に尋ねるしかありません。

どこに負担をかけているのか、身体が教えてくれます。

大したストレスはないといっても、ことあるごとにいろいろ考える人は知らず知らずに負担をかけています。

そういう中で、気候の変化をきっかけに症状が出ることもあります。

雨の日に調子が悪くなった。

湿邪が影響しているかと思うと、舌も脈もそんな様子ではない。

気の停滞が強くなり、上に突き上げた状態。

手に鍼を一本入れると、フッと緩む。

頭スッキリ。

主訴はめまい。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-06-26 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

ちょっとした風邪

風邪というと、熱が出て、寒気がして、咳が出て、鼻水が出て、頭痛がしてなどの症状を伴うことが多く、逆に言うと、そういうことがあまり気にならないと、風邪をひいたという自覚がなかったりします。

少しいつもより温まりづらい。

ちょっと喉が痛い。

少し怠い。

そんなことが風邪の症状だったりもします。

エアコンが効いてると、直接当たらなくても、寒さは下に行くので足元が冷えやすい。

この時期は暑くなりだして足元を出した服装をしている人も多いですからね。

足が冷えると、上にある熱は下に降りづらく、上に突き上げやすい。

そうすると、喉を犯しやすいから、ちょっと痛くなる。

そういったことから足に気がめぐりづらくなり、なんとなく脚が怠いなんていう人も出てきます。

微妙に感じている感覚を無視してはいけません。

ファッションも大事ですが、足元が冷える環境では何か対策をした方がいいです。

風邪は万病のもと。

本当ですよ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-06-19 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

乗り物酔いの方向

乗り物酔い。

一般的に日常生活に支障が出ることが少ないから、放っておかれることが多い症状ではあります。必要なときに酔い止めを飲むことで済まされたり。

でもこれを治しておくと、いわゆる上逆する他の諸症状も落ち着くことになるし、精神的に安定しやすくなります。

でも乗り物酔いって様々で、あらゆるものが苦手な人もいれば、飛行機は大丈夫だけど、車はダメとか、船はダメだけど、車は大丈夫とか、実に多種多様です。

先日みえられたキャビアアテンダントの方。
いわゆるスチュワーデスですね。

乗り物酔いがあるんです。

もちろん飛行機は大丈夫です。
前後の動きに弱いとのこと。
だからジェットコースターも大丈夫。

言われれば、飛行機は前後に急激に動くことはないですからね。

この自分が弱い方向。

からだの他の状態とも密接に関わります。

だから前後の揺れに弱いのであれば、前後のバランスの崩れで症状が出やすいです。

腰痛とか、首の痛みとか。

もちろんそのバランスの崩れを改善すると、酔わなくなります。

腰痛も起こらなくなる。

たかが乗り物酔い。

されど乗り物酔いです。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-06-14 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

足の指はかくあるべき

足はからだを支える土台です。

ですから言うまでもなくとても重要なところ。

足の崩れは全身に影響を及ぼします。

母趾は重心には母趾球が大事だとよく言われ、重要視されることが多いですが、僕の中では同等以上に小趾、小趾球が大事だと思っています。

ですから、足のツボの反応だけでなく、指の動きや形状も診るのですが、小趾が反らない人が結構多いです。曲がったまま伸びないという人も少なくありません。

小趾が使えていないのです。

「本来こういうふうに反る方向にもいくんですよ。」

と言って小趾の動きを見せてあげると驚かれるひともいます。

あまり足の指って意識しないですからね。
またそのことに気づいていても、自分のが普通だと思うでしょうし。

指は曲がるし、反るし、開くものです。

手も足も。

そしてそうあるべき。

そうなりましょ。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-06-07 20:30 | 徒然に | Comments(0)

母指と示指

自分が体表観察をする上で、特に気をつけるというか、注意を払う必要があるのが、母指と示指だと思っています。

手のひら全体を使って広く診るから、全て大事ではあるんですけどね。

でも、母指と示指というのは、人間がより人間であることを意味しているところだと思っています。

対立運動、人の手の形が今の状態である理由の握って砕く動作の中心となるところ。

赤ちゃんのときは握る動きは手全体でしているように思います。
握るためには小指は大事なのですが、母指の果たす役割が強くなってきます。
必要以上に。

この「必要以上に」というのが体表観察をする上では余計です。
極力自然な状態で、手をフラットにするには、母指と示指も自然である必要があり、それはあまり「人間」を主張していない方がいいと思っています。

鍼を刺入するのも、我々は管鍼法という「トントントン」と叩いて入れることはせず、母指と示指で把持して直接刺入します。

このとき、母指と示指の経気の流れがうまくいっていないと、しっかりと気の去来を感じ取れません。

自分の合谷をいい状態にすることが大事ですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2019-05-29 23:30 | 鍼の修行 | Comments(0)