タグ:身体感覚 ( 193 ) タグの人気記事

足太陽膀胱経に「京骨(けいこつ)」というツボがあります。

経絡の異常が現れやすい原穴(げんけつ)という非常に重要なツボに分類されています。

足の外側。小指側ですね。
小指から踵に向かって辿っていくとボコッと凹む場所がありますが、その出っ張ったところの前側のちょっとした窪み。
そこがツボの位置です。

鍼を刺さないわけじゃないですが、あまり我々の流派、北辰会では使わないところ。

でもこの部分が《からだとしてしっかり使えている》かがとても重要だと僕は思います。

立ったときにしっかり踏めていなかったり、ひどいと浮いているんですよね。
そこが詰まっているような状態だと、膀胱経の経絡の流れも悪いわけです。

これを意識するのに竹踏みはもってこいです。

立ったときに自然と前に行ける状態か、居つく状態か。
京骨の状態でかなり変わります。

要注目です。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-15 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

竹踏みいいね!

股関節の外旋可動域を広げる。

これは僕がよく患者さんに言っていることです。

立ち姿勢においても、座っている姿勢においても重要になってきますし、つまりは動くことにおいても重要なわけで、これがしっかりあることが、からだのゆとりにも繋がってきます。

僕は基本的に、自分ができないことは人に言わないというスタンスなので、股関節の外旋域はそれなりにしっかり出せていると認識していました。

甘かったですね。。。

甘かったことに気づけました。

気づいて本来立ち姿勢においてあるべきであろう位置まで外旋させると、右の股関節の滞りを感じます。

まだまだよくなるっていうことですね。

これを改善させるのに、竹踏みがなかなかいいです。
というより、竹踏みをしていて気づきました。
f0356588_18475387.jpg

最近購入したものです。
しっかりとした竹。

気に入っています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-09 20:30 | 備忘録 | Comments(0)

原因不明??

病院では原因不明と言われた。

そういう方、めずらしくありません。

でもですね、原因は画像の中にはありません。
話を聞く中、からだを触って感じる中にあります。

わからないのは、自分がその人を、そのからだを理解できていないということです。

必ず原因はあります。

鍼は痛いところに、からだの悪いところにしているわけではありません。
原因を対処できるところにしています。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-07 20:30 | いわゆる… | Comments(0)

感覚を研ぎ澄ます

僕ら東洋医学的診断で鍼灸をする者は、最終的には手で判断をするわけです。

体表から何を汲み取って、それに対してどうアプローチするか。

「気」を動かすわけですが、意識的にこうしてやろうと無理矢理するわけではありません。鍼をしたら勝手に「気」が動く状態にまで持っていくわけですね。

そこにおいて名人とそうでない人との差が出ます。

相手に直に接するのは「手」ですから、その感覚というのはもちろん大事なのですが、それが遺憾なく発揮されるためには、いろいろなところが通っていないとダメです。

スムーズに流れている状態。
塞がっていない状態。

肩の通りが悪い。
そのことに最近気がつきました。

上背部や胸だと思っていましたが、僕の問題は肩にありました。
肩の通りが良くてくなると、上背部や胸もいい変化をします。

感度が上がるとどうなるか。

今まで見えなかったものが見えてきます。
霊とかじゃないですよ(^^;;

治せなかったものも治せるようになってくる。

知識として勉強すべきことは多いですが、自分のからだを高めていくことも大事です。

体表観察能力が上がれば自分自身がよりいいからだになる。

僕の場合はそう思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-06 20:30 | 鍼の修行 | Comments(0)

ホッと一息

暑い時季に冷たい飲み物はよくない。

そうはわかっていても、飲みたくなって飲んでしまうと思います。

そもそも自販機やコンビニで買おうと思っても売ってないですかね。
僕は買わないのでわかりませんが(^^;;

常温にして飲むという方、意外といらっしゃいます。
僕も常温で飲むこと多いです。

でもですね、たまに熱い飲み物も飲んでみて下さい。

熱いとあったかいの間くらいがいいですかね。

ホッとしますよ。

やはり温かいというのは、安心感をもたらすのです。
冷たい飲み物は、清涼感はあっても、からだを緊張させやすいです。
収縮する感じ。

白湯でもいいですよ。

やってみてください。
夏の疲れた胃にやさしくしみてきます。

ホッとします。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-03 20:30 | 徒然に | Comments(0)

何のために走るか

「朝走っています」

と言うと

「すごいですね!」

と言ってくる方がいます。

これにとても違和感を感じます。

なぜならば、自分がやりたくてやっていることだからです。
何も健康のために自分にムチをうっているわけではありません。

やることでいろいろと自分の中で気づくこと、わかることがあり、それを改善するために、さらに新たな発見をするために、僕は走るわけです。

すごくはないですよね。

あるものを食べたいから作って食べる、というのと実は変わらないのです。

欲があって、それを成し遂げる。
ふつうですよね。

早起きもがんばってしているわけではなくて、自然と目がさめるだけ。

気張らず、自然に。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-08-01 20:30 | 徒然に | Comments(0)

跳ぶ

最近朝走っています。

例によって地下足袋で。

あまり足元を見る人はいないので気づかれていないかもしれませんが。

先日走り方の講習会で学んだことなんかをいろいろと試しつつ。

抜くべきところは抜いて、入れるべきときに入れる。

脱力は得意だと思っていましたが、余計な緊張があることに気づきます。

腹筋に余計な緊張。
これによって程よい前傾をつくることが難しくなることがわかります。
身体を前傾させるって、腹筋を使っている感じに思うかもしれませんが、そうではないですね。

うまく抜けたところに前傾のいいポジションがあるように思います。
腹筋がしっかり入ってしまっていると、止めてしまう感じになるわけです。

これから足が速くなりそうです。

そしてより跳べるようになる気がします。

阿波おどりで高く跳んでいるときの写真を狙って撮ってくださる方がいて、うちの高校生の連員もより高く跳ぶことを頑張っているんですけどね。

まだまだ負けるわけにいかない。

今度の日曜は小金井阿波おどり。

跳びますよ!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-07-24 20:30 | 徒然に | Comments(0)

速く走るために

昨日の午後、ちょっと気になった講習会があったので、午後の診療はお休みにして行ってきました。

第1回スプリントクリニック
「100M10秒台で走るためには?
1年で2秒速くなった選手たちの練習の秘訣」

何も僕が10秒台を目指すわけではないんですけどね。

サッカーのコーチとして、トレーナーという資格を持っているものとして、競技者に治療家として関わるものとして、何よりも興味がわくものとして知りたいと思ったわけです。

練習メニューとか、ランメニューのバリエーションを増やすような勉強をしたり、正しい動き、怪我をしない動きというものは理解していても、より速く走るために何が具体的に必要かをしっかり理解できていないですからね。

申し込むときに、治療家やトレーナーに対しても投げかけていたので、そういう方たちも多いのかと思いきや、陸上色がものすごい濃かったです(^^;;

現役高校生スプリンターもいるし、社会人で陸上をやっているような方も。

会議室のような室内で実技をやるから、履物じゃなくて素足でいいと思ってたら、素足は僕だけでした(笑)

まぁ何はともあれ学んできましたが、とても有意義な時間でした。

ペアでやることも多かったのですが、一緒にペアになった方には申し訳なかったですね。僕のできてないところにしっかり指摘してもらえたのに、相手の人はかなりレベルが高かったので、足りないところを指摘することができませんでした。

まぁ講師の人にも褒められていたから、今回の内容では指摘することはないのかもしれませんがね。

新鮮だったのは、はさみこみ(シザース)技術について。

左右の脚が入れかわるところです。

ここの時間を短くすれば速くなるわけですが、重要なのは、脚を速く前に動かすことではなく、空中での動作と『待ち』を作ること。

空中での脱力です。
ある特有のリズム。

一流選手でこれができていない人はいないということ。
これを天性でできてしまう人もいるでしょうが、多くの人は習得するための練習が必要なのでしょうね。

いっぱい飛び跳ねましたよ。

おかげさまで筋肉痛。

これを人に落とし込むことができるか。

まずは自分ができるようにならないとね(^^;;


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-07-22 19:30 | 徒然に | Comments(0)

シーズン真っ盛り!

夏真っ盛りですね!

知っている人は知っている。
知らない人は本当に知らないのですが、この時期土日はいたるところで阿波おどりのイベントが開かれています。

僕が所属する浅草雷連も昨日は小岩、今日は浅草かっぱ橋で阿波おどり。

土曜が夜の出演で、日曜が真っ昼間と、大忙しの2日間になるのですが、両日とも思いっきり楽しんできました。

小岩は本当阿波おどり大会が根付いてきましたね。
初年度からいい雰囲気のところでしたが、どこの演舞場も賑わっていて、見ている人と一体になって楽しめました。

高円寺からの連や、他の地域の有名な連も参加していて、東東京で阿波おどりを楽しめるところという地位を確立したと思います。

かっぱ橋は七夕まつりの中のひとつとして阿波おどりがあるのですが、僕らが出演するようになって、もう10年以上が過ぎているので、かなり周知もされています。

またフォトコンテストもあるので、カメラマンの方たちの熱気もすごい!
踊りの先頭の前には、カメラマン方がなすバリケードがある感じです。

阿波おどりは基本的には盆踊り。
たいがい夕方から夜に行われるのですが、ここは真っ昼間。
炎天下の中、目一杯踊れる僕好みのところです!

自然と笑みがこぼれてくる場所ですね。

終わった後は明るいうちから打ち上げ。

「一日一食なんてやめて、食べな!」

といろいろな人から言われます。
自分のメタボぶりや大酒飲みは差し置いてね。

まぁ衣装を着て映える体型じゃなくなってしまうんですよね。
痩せちゃったから。
だから食べて「いい体型」になってもらわないと、魅せる立場になっているわけだから、、、

という感じですかね。

食べてなくて、踊る体力に問題が生じているわけではないので、その辺は何も問題ないんですがね。

痩せないで一日一食というのはやはり難しい。

理論的には当たり前なのですが。

阿波おどりシーズン真っ盛り。
さてどうするかな。



当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-07-08 20:30 | 徒然に | Comments(0)

暑くなりました。

テレビでは当たり前に決まりきった文句を言いますね。

「熱中症の危険性がありますので、こまめに水分を取って下さい」

そして僕は
「取りすぎちゃダメですよ。そんなに取らなくても大丈夫ですよ。」
と言います。

スポーツを本格的にやっていて、トレーナーがついているところは、運動する前と後の体重を計って、しっかり水分摂取がなされているかを見たりします。

食事管理をしっかりしているようなところは問題ないと思いますが、もともとが過剰に水分を取っている場合も少なくありません。

特にこの季節冷たい飲み物をガブガブ飲む方は多いです。

喉越しは冷たいものを求めていても、お腹はそうではありません。

そういうものは身体に停滞しやすくなります。

それが運動で捌けたら、多少体重が減っても、かえって体調としてはよくなります。

体重の減少は2%以内にと推奨していたりもしますが、日頃から水分を多く取り、水気の多い人は多く減っても問題ありません。

ガブ飲みしないような水分摂取を心がけてください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-06-27 20:30 | トレーナー | Comments(0)