人気ブログランキング |

タグ:身体感覚 ( 235 ) タグの人気記事

シルバーウィークということで、一日くらいは子どもたちもサッカーと離れさせようと思い、今日は家族で清水公園に行ってきました!

子どものころ学校行事でも、家族とも、友達ともよくいったここのアスレチック。

行くのは2年半振り。

ここは全部で100のアスレチックがあり、とても充実していて子どもから大人まで楽しめます。

子どもにはこういうことを自然とこなせる子どもでいてほしいし、サッカーだけの子にはなってほしくないので、ただ楽しむだけのテーマパークより、休日にはこういうところをすすめますね。

これはお決まりの水上コース。
f0356588_21153048.jpg
バッグを持ちながら行ない、滑って落ちている大人もいました(笑)

今まで行った中で一番混んでいて、不完全燃焼でしたが、やっぱりこういうことは必要だと再確認できました。
大人にも。

シルバーウィークには今度から行くのはやめます。

子どものためというより、自分が楽しみたいのでね(^ ^)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-09-21 21:30 | 徒然に | Comments(0)

自分の身体と向き合う

治療する上で僕は患者さんに対して向き合い、会話を交わし、身体に触れることで、症状だけではなくその人に対する理解を深めようとします。

どのような思考、どのような感覚、どのような身体の使い方をしているのか?
どのような気持ちで過ごしているのか?
現在の環境、過去の環境。

それらが今の身体をつくりあげているからです。

同じ人間。

しかし、本当に人それぞれ違います。

当たり前だと思って過ごしているその状態が、他の人にとっては当たり前ではなかったりします。

「自分の身体と向き合う」

それは内側だけのことではなくて、外側との関わりでもあります。
外側との関わりなくして、自分という存在はあり得ません。

例えばパソコンを前に仕事をしているとき、意識がパソコンだけに向いていませんか?
そこに感情が入り込まない状況だと、自分のうちなる感覚に対して遮断しやすくなるように思います。

身体の内側を感じながら行えると、内外の気の交流が起こるので、身体が滞りにくくなります。

外側と内側、これはわけられるようでわけられません。

それらをひっくるめた空間を感じながら過ごせると、自分をコントロールしやすくなります。

ある日突然不調になったという人は、大概外にばかり意識がいく人です。

しっかりと自分の身体と向き合いましょう。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-09-19 19:00 | 徒然に | Comments(0)

連動性

動きというものを考えるとき、重要なテーマになるのが「連動性」

どこかでこれが失われてしまうと、不自然な感じになります。

歩くということに関しても、走るということに関しても、蹴るということに関しても。

また意識を自分だけに向ければいい動きと、対象物がある動きでは状況は変わってきます。
対象物があると、それをなんとかしようとするように意識が向きがちです。
向きすぎては本来の動きが疎かになるし、かといって対象物に合わせる動きも必要になります。

この連動性において大事なのは、自然な動きとともに、後ろの動きだと思っています。

対象物に意識が行き過ぎると、自分の身体の前側だけの意識になりがちです。
目に見えるところの方が意識しやすいですからね。
でも後ろ側と前側との連動でも動きはなされています。

デスクワークでもそういった意識で疲れは違いますよ。

意識してみてください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!


by shinkyu--kaminari | 2015-09-14 20:30 | 備忘録 | Comments(0)

自己と他者

自分のことばかり考えて他人のことをあまり考えない、こういう人いますよね。

逆に他人のことばかり考えて自分のことを考えない、という人もいます。

どちらがいいというわけではありません。

他人を思いやるという方向では、他人のことを考えているというのは、いいですが、アラを探すために意識が他人に向いているというのであれば、よくないですよね。

何が言いたいか。

バランスが大事だということです。

これは人間関係に限らず、自分の身体を動かす上でも必要なことです。

うちなるものに意識を向けながら外に対して働きかける。

内と外。

さらにいうならば、内も外も一緒だという意識。

わけられるようでわけられないところです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2015-09-12 19:15 | 徒然に | Comments(0)

新たな刺激

普段同じように生活していると、動きの中での新たな刺激というのがなくなります。

これが僕は身体が老いる一つの原因だとも思います。

身体の中で眠っているところが、眠ったままになってしまう。

だから子どもの頃にいろいろな動きを経験することはもちろん大事なのですが、大人になってからもそれは必要なことなのではないかと思っています。

なにも身体に無理をする必要はありません。

それを考えると、踊りというのは、それを満たす要素が十分詰まっていると思います。

もちろん僕がやっている阿波おどりに限らず、中高年に人気のある社交ダンスもそうですね。

また普段自分がやっていないジャンルの踊りをすることもオススメします。

どんなに踊りのうまい人でも、違うジャンルのことをやると戸惑うものです。
以前EXILEのUSAさんが阿波おどりを踊ったとき、不自然さがあったことをよく覚えています。

我が浅草雷連では秋に合宿をしています。

もちろん阿波おどりをやること、親睦を深めることがメインですが、余興において隠し芸をやるのも恒例になっています。

なかなかクオリティーが高い、、、

前回EXILEとAKB48を踊りましたが、簡単にはいかないものです。
でも、やってるとおもしろい(^ ^)
そして新たな身体感覚の獲得にもなります。

それは阿波おどりの上達にも繋がることは間違いありません。
今年も2ケ月後には合宿です。

さて何をやろうかな。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!

伝統鍼灸かみなり
f0356588_16131425.png


by shinkyu--kaminari | 2015-09-09 20:30 | 徒然に | Comments(0)