タグ:阿波おどり ( 48 ) タグの人気記事

筋肉は硬い?柔らかい?

昨日の休日は午前中サッカーのコーチの後、午後は阿波おどり。

最近阿波おどりの練習において、身体の使い方というコーナーを設けて担当しています。

狭い会議室のスペースで何十人という人が動くので、みんながやろうと思いづらい環境ではあると思うのですが、やらないと変わらないですからね。
続けていくことが重要だと思っています。

上肢と下肢を体幹と連動させて動かす。
当たり前のようでいて結構みんなできません。
それはこれまでの経験上わかってはいるんですけどね。

それぞれがこういうことを自ら望んでいるわけでもないから、食いつかせることが大事です。

老若男女を食いつかせる。
なかなか簡単にはいきません。

今回少しの人に僕の肩と他の人の肩を触ってもらい柔らかさの違いを感じてもらいました。

「全然違う!」

見た目でもわかると思うのですが、それはそういう目で見れる人が思ってるだけで、そうじゃない人が多いということを再認識しました。

そもそも筋肉は柔らかいものという認識をしていない人も少なくないですからね。

違いを認識する。
みんなそれぞれ違って、自分がどんな感じか触られる。
そういう経験をさせるべきだなぁと思いました。

今度は触り合いっこですね。

僕は仕事じゃなくても肩でも骨盤でも関係なく気軽に触りますが、一般的にはダメですかね?

男性は男性を女性は女性を触るのは構わないでしょうが、それじゃあ違いを認識するには不十分なんですよね。

まぁどうなるかうまくやってみるつもりです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-03-05 23:00 | 身体感覚 | Comments(0)

あっち向いてホイ

昨日は所属する阿波おどりグループ、「浅草雷連」の新年会でした。

浅草にあるROXまつり湯で毎年行っています。

お風呂に入り、飲んで食べて騒いで楽しんで、また今年一年ともにがんばっていこうという新年会。

毎年その場でくじを引きチームを決めてゲームもやります。

単純だからこそ、ほぼ誰もができて楽しめる「あっち向いてホイ」

なかなかアツいです(^ ^)

子どもにだって容赦はしません!

ある程度やったことのある人はわかるでしょうが、強い弱いは確実に存在します。

運の要素はそこまで高くない。

心理戦であり、駆け引きがあります。

6人1チーム。10チームあります。

6人抜きするつもりでしたが、4人目に撃沈。
チームも負けました。

まぁ負けるのは仕方ないとして、下を向いた状態で負けるのはなんか嫌ですね(^^;;

屈辱感満載。

どうせなら上を向いて負けたかった。

でも多くの人数が集まって、何かゲームして盛り上がりたかったら、「あっち向いてホイ」オススメですよ。チーム対抗とか絶対盛り上がります。

じゃんけんして、ピコピコハンマーで打つのと守るのとをやったときもありましたけどね。

老若男女いる浅草雷連では圧倒的な差が出てしまったので、現在はやっておりません。


「あっち向いてホイ」
かえの効かないゲームです。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2018-01-15 20:30 | 徒然に | Comments(0)

今年最後の練習

12月10日というのは早いのか遅いのかよくわかりませんが、本日で僕が趣味でやっている阿波おどりの今年の練習が終わりとなりました。

着実に連として大きくなっていることを感じつつも、様々な事情により、今年のように来年は参加できない人もおります。

仕事により転勤する人というのは、最近は毎年あるような気がします。

今回は海外赴任が決まった人も。

阿波おどりが好きで浅草雷連をこよなく愛していて、これからも続けていくんだろうなと思ってた人が突然遠くへ。

先のことは本当にわかりませんね。

だからやはり今を一生懸命にやるのみ!!


それにしても海外赴任なんて憧れですね。

「転勤」とか「辞令」とか憧れのことばですよ(笑)


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-12-10 23:55 | 徒然に | Comments(0)

いろいろできた日曜日

阿波おどりの出演が2回あるはずだった今日、こんな天気だったので、2回目は中止となってしまいました。

でも本降りの中、意外にも多くの方に見ていただくことができ、とてもよかったと思っています。

地元での出演でしたからね、どこも大事な出演ですが、やはり思い入れは強くなります。

ということで、昼過ぎから鍼の勉強会に参加してきました。

おまきに久しぶりにその後の飲み会まで。

学術的な話からスポーツの話、政治の話、戦争の話。

まぁいろいろと多岐に渡ります。

ざっくばらんに話していても、このことについてもっと調べたいな、とか、そんな考えもあるのかと、いろいろ勉強になります。

ひたすら勉強ですね。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-10-22 19:30 | 徒然に | Comments(0)

阿波おどり合宿2017

土日の連休に栃木まで阿波おどり合宿に行ってきました!

「合宿なんかするの?」

と思われるかもしれませんが、我が浅草雷連はほぼ毎年秋のシーズンに合宿をしています。

あまり確認はとれていませんが、他の連でするところはあまりないように思います。

なぜうちの連はするのか?

①仲がいいから
②地方に住んでいる熱心な連員がいるから
③阿波おどりが好きだから
④わいわい騒ぐのが好きだから

という理由ですかね。

何をするかというと、毎年違うのですが、変わらないのは、隠し芸大会を含む宴会があることと、現地でいくつか出演をすること。

今年は練習は時間があれば、ということで初日はバーベキューと宴会メイン。
朝のバスの中から酒を飲んでいるので、なんか一日中酒を飲んでいるという僕にとっては合宿以外にはありえない一日。

この宴会での隠し芸。
新人がやらせれそうなものですが、うちの連は上層部の方がやります。
やらされるんじゃなく、やらなきゃ損だという雰囲気。

あまりのクオリティーやパンチの効いた芸にはじめて見た人は度肝を抜かされます。

一番古い創成期からのメンバーが阿波おどりよりも隠し芸に熱心だということ。
これがうちの連がよい雰囲気でいれてるところなのだろうと思います。

これからも大事にしていき、継承していきたいですね。

ちなみに僕らの隠し芸は、内容的にはウケたのですが、クオリティーが、、、

来年は上げて臨みたいと思います!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-09-25 20:30 | 徒然に | Comments(0)

年に一度

忘れてはならないというか、ここで感謝のことばを届かないかもしれないけど、言っておきたいことがあります。

それは前の職場を辞めて3年以上が経ちますけど、そのときの患者さんで毎回高円寺の阿波おどりをみにきて、僕を見つけてくれるんです。

今回5人の方と会いました(^ ^)

会話できた方もいれば、手を合わせただけ、手を振っただけの方も。

それだけのためにあの人混みの中を来たと思うととてもうれしいとともに、恐縮します。
(僕がオマケでただ阿波おどりを見たいだけかもしれませんが(^^;;

笑顔で呼んでくれて、笑顔でこたえる。

見つけて呼びかける。

それぐらいのことしかできませんが、とてもうれしく思います。

また来年も会えたらいいなぁと。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-08-30 20:30 | 徒然に | Comments(0)

8月の最後の日曜日。
最近この日は予定が重なります。

鍼の夏季研修会。
次男の吹奏楽の都大会。
高円寺の阿波おどり。

そして見事に鍼の研修会は犠牲になります。

まぁ今はそういう時期かなと思います。

次男がやっている吹奏楽部は全国クラスのところ。
今回勝って全国で金賞をとるために夏の間がんばってきました。

それをやはり親として応援したい気持ちがあります。

今回も見事金賞をとり、全国大会へのキップを勝ち取りました。

終わった後は高円寺の阿波おどりに直行。

高円寺の阿波おどりに特別な思いはないのですが、雰囲気は特別です。

お客さんと一体になる感じというのは、あそこ以上にできることはないのではないかと。

60年以上の歴史が生み出したものでしょうね。

夏季研修会の日だけど、
研修会には行けませんでしたけど、

充実した一日でした。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-08-27 22:30 | 徒然に | Comments(0)

本来するべき動きと実際にしている動きが違うということがよく見受けられます。

例えば歩くのは、行進みたいに足を上げるのではなく、地面を押すことで逆の足が前に勝手に出て行くし、前屈は背中を曲げるのではなく、股関節を折りたたむことで無駄なく自然と身体が曲がっていきます。

阿波おどりで男踊りをやっていると、多くの人が課題になるのが腰を落とすこと。
僕は人より柔軟性があるため、落とすのは他の人より楽にできます。
また、ただ前に折りたたむだけでなく、骨盤が後傾方向にも行く動きが伴うと、よりお尻が落ち、無駄なく腰を落とせることが経験上や他の伝統芸能から学びました。

でも今日気づきました。

落とすんじゃなく、落ちるんだと。

落とすことをすると、そこに力感が生まれます。
それは余計でした。
勝手に落ちるようにすると、無駄な力が抜け自然と脚に余計な力が入らずに腰が低くなる、

なかなかの発見です!

高円寺でちょっと違う踊りができる予感。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-08-23 20:30 | 備忘録 | Comments(0)

三鷹阿波おどり2017

昨日は三鷹で行われた阿波おどりに参加してきました。

なんと第50回!

記念大会ということで、かなりの歴史なんです。

我が浅草雷連としては3回目の出演。

ここは表彰式もあるのですが、なんと見事朝日新聞社の「さわやか賞」というものをいただくことができました。

表彰されるためにやっているわけではありませんが、されたらうれしいものです。
なんで表彰されたのかはわかりませんが(笑)

さていよいよ今度の土日は高円寺阿波おどり!!

我々は日曜日のみの出演ですが、なんだかんだテンション上がってきます。

この日は次男の吹奏楽部の都大会もあり目白押しで、鍼の夏季研修会に参加できませんが、そのぶんしっかり子どもの応援、自分の踊りを楽しみたいと思います。

また、やっぱりまだまだだなぁと踊りに対して再認識した部分があるので、ちょっと変化を出せたらいいかなぁと。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいします
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-08-21 23:00 | 徒然に | Comments(0)

ようやく、、、

昨日は篠笛の稽古日でした。

不定期に稽古をつけてもらって3年ぐらいになるでしょうか。
ようやく阿波おどりの曲が吹けるようになってきました。

もっと早く吹けるようになっていてもいいぐらい遅いと思うのですが、牛歩でやっております。

僕は踊りの方をやっていて、笛をやるのは将来的に笛を担当していくことを考えて、ということでは全くなく、自分が感覚的に弱い喉周辺を良くしたいという思い、ということは前に書きました。

しかし、曲を吹くとなると、テンポ、抑揚、間、といったものを意識しないと成り立たないわけで、そっちに意識がいくと、喉の感覚、息をいかにいれるかということは疎かになります。

耳で音を分別できているわけでもないので、譜面を見失ったときにこれだと思って出した音が自分の思っていた音と違ったりもします。

身体をオートマチックに操るというのは、簡単なことではありませんね。
不慣れなものを後から獲得するのは大変です。
おもしろいですけどね。

これは患者さんの状況と似ています。
今までと違う使い方を身につける。

違うのは、僕が患者さんに求めるのは、「本来ある自然な動き」を獲得するところ。

稽古をしてもらうと必ず学ぶことがあります。

ようやく曲が吹けたけど、まだただ吹けただけ。
奥の深さをまた感じさせてもらいました。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

[PR]
by shinkyu--kaminari | 2017-08-15 20:30 | 徒然に | Comments(0)