人気ブログランキング |

これは風邪??

先週日に日に気温が下がり寒くなり、そしてまた暖かくなるという感じでした。

当然のことながら、そういうときは風邪をひく方が増えます。

そこでこの風邪なんですけど、どうも解釈の仕方が人それぞれで、それは人によって風邪のひき方が違うということでもあるのですが、解釈を教わらないということも大きく影響していると思うのです。

どうですか?

何をもって風邪とします?
鼻水?咳?喉の痛み?熱?

確かにこれも風邪の症状で現れるものなのですが、実はもっと典型的なものがあるのです。

中国の漢の時代に書かれた『傷寒雑病論』にはこんなことがはじめに書かれてあります。
「太陽之為病、脈浮、頭項強痛而悪寒。」

風邪のはじめには脈が浮いて頭痛、項が強張り、寒気がする。
この後に発熱がやってきます。

とある患者さんが「なぜか知らないけど熱が出て布団にくるまっても寒いです。」とおっしゃってました。

風邪ですよね(^^;;

鼻とか喉の症状がないから違うと思っていたようです。

「身体が痛いです。」とも

もう一つこういうことも書かれてあります。
「太陽病、頭痛、発熱、身疼、腰痛、骨節疼痛、悪風無汗喘者、麻黄湯主之。」

この患者さんはこの麻黄湯証ですね。

もちろん鍼で対処できます。
これないという方も多いですが、、、

風邪は多岐に渡ります。

でも典型的なものは悪寒、頭痛。そこから発熱。
ですから発熱せずに治ることもあるわけです。

これからの季節ご自愛ください。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-11-14 20:30 | 東洋医学 | Comments(0)

自己責任

世の中いろいろな方がいます。

だからみんな違ってそれが楽しくもあるわけです。

ある事象が起こっても、それに対する考え方も様々。

風邪をひいたときに、誰かからもらったと思う人、寒かったからと思う人、自分の養生が悪いと思う人。

人の関与があるにせよ、僕は自分の不養生でなったと思う方が心の衛生的にいいと思います。実際に自分の状態がよければ風邪はひかないわけですからね。

自分を責める必要はありませんが、自己責任で完結した方が人を恨むこともありませんし、自然を敵対することもありませんよね。

そうすると、心が気持ちよくいられると思います。
まわりでしている咳に対して、目くじらをたてることもないわけです。

心穏やかにできるということは、自己責任で対処できる人だと思いまし、それが健康の秘訣でもあります。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-03-17 20:30 | 徒然に | Comments(0)

風邪?花粉症?

気温が上がってきてますね。つまりは風向きも変わってきてます。

今週から酷くなっている人も多いのではないでしょうか。

「花粉症」

中にはそれっぽい症状をみせていても、そうじゃないと言い張る人もいますよね。
認めたら終わりみたいな。

別に終わりゃしませんよ(^ ^)

また、風邪だか花粉症だかわからない、という人もいます。

これ実は本質をついているところでもあります。

というのは、風邪をきっかけに突入することも多いからです。
寒暖の差が激しい時期ですからね。
軽い風邪を引いていたりもします。

それが引き金になって、肺気不宣という、肺の機能(降ろす、ひろげてめぐらす)がうまく働かない状態になり、花粉症の症状を引き起こしやすい素地を作るわけです。

ですから、花粉症が風邪の引きはじめということとイコールの場合もあるわけで、それは毎年花粉症になる人も同じです。

じゃあどうするの?
ってなると、鍼すればいいじゃん!ということです。

花粉症の薬を飲むか、風邪薬を飲むか悩むことが無意味なことだと僕としては思います。まぁ病院の方が安いですけどね。

そこは僕の力ではどうにもならないので、薬ではなく鍼で、自然治癒力を活かして治そうと思っている人を治すだけです。

あっ、それから昨日のギックリ腰の友達、かなり緩解し、寝起きのスピードが速くなったけど、歩いてくることはできずに再度往診しました。

週明けは大丈夫でしょう!


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-03-05 19:30 | いわゆる… | Comments(0)

妊婦の治療

知っている人にとっては当たり前なのですが、妊婦にも鍼は対応します。

風邪をひいたときに薬が使えないっていうことで困って鍼に頼る人もいます。
本来妊婦でなくても使用すべきではないと思いますが。

病院に行っても何もしてもらえないわけですよね。
まぁ検査はしてもらえますが、インフルエンザであるか、そうでないかということで、あとは寝て治すというような状況です。

鍼灸治療は敵が何者かというのは、厳密にする必要はありません。
風邪かインフルエンザかは重要なことではなく、風寒型か風熱型かや、体質素因が問題になり、それによって身体がどうなっているかが大事なわけです。

だから、風邪でもインフルエンザでも、治療に来ていただいて構いませんし、寧ろ来た方がいいです。

気にされる方もいるので、なるべく他の方と重ならないようにしますが、僕自身はまるで問題ありません。

マスクもせず、いつでもウェルカムです!

今日きた咳が止まらない妊婦さんには打鍼という刺さない鍼を施しました。
花粉症もある方で、風邪をきっかけにスタートしたりしますので、こういう状態を治しておくことは大事ですね。

健やかな春を過ごしてほしいと思います。


当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

ありがとうございます!
f0356588_16131425.png

by shinkyu--kaminari | 2016-02-20 19:00 | いわゆる… | Comments(0)